女性をムッとさせる恋愛アドバイス8パターン


恋愛の話をしているとき、悪気のない一言で、女性を固まらせてしまったことのある男性は多いと思います。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者に聞いた「ムッとする男性からの恋愛アドバイス」について、まとめてご紹介します。

  • 【1】「化粧変えたら?」など、上から目線で助言する。

    「化粧をしたこともないくせに、『化粧変えたら?』なんてエラそう」(20代女性)というように、女性は「上から目線」のニュアンスに敏感です。「太めの男に『痩せたら?』とか言われたくない」(10代女性)などと反撃されないためにも、慎重に発言したほうが無難です。

  • 【2】「おまえにはエロさが足りない!」など、自分の好みの押し付ける。

    「『ギャルっぽい服でも着たら?』って、キャラ的に無理!」(20代女性)、「『女は黒髪に限る』って何?」(20代女性)など、親身になって言ってくれているのか微妙なアドバイスは、「自分の好みを主張しているだけでは?」(20代女性)と受け取られる可能性が高いので、控えましょう。

  • 【3】「だから女はダメなんだよ」など、一方的に決め付ける。

    「『O型女は困るよねえ』って、根拠は?」(20代女性)というように、納得のいかない「決め付け」発言ほどカチンとくるものはありません。「会話がキャッチボールにならない相手と話しても仕方がない」(20代女性)と切り捨てられては、元も子もないので気をつけましょう。

  • 【4】「よくある話だね」など、本気で悩んでいることを軽視する。

    「『気にしすぎ』と流された」(20代女性)、「『ありがち』で済まされた」(10代女性)というように、悩みを軽んじる発言は、男性の想像以上に怒りを買う場合があります。「本気で『許さない』と誓った」(20代女性)などと恨まれる前に、態度を改めたほうがよさそうです。

  • 【5】「俺が話をつけてやるよ」など、おせっかいな申し出をする。

    「熱くなりやすい男友達に相談したら、カレのところに乗り込みそうになって困った」(20代女性)など、「頼んでもいないのに、出しゃばられると迷惑」(20代女性)というのは多くの女性に共通する意見です。女性を困らせないためにも、立場はわきまえておきましょう。

  • 【6】「そいつのどこがいいの?」など、自分の好きな人を侮辱する。

    「『男を見る目を養ったら?』とまで言われる筋合いはない」(20代女性)というように、女性が想う男性を悪く言うことは、「自分が馬鹿にされたのと同じ」(20代女性)と受け止められても仕方がありません。たとえそれが本心でも、言い方を考える必要がありそうです。

  • 【7】「男というのは浮気をする生き物」など、身勝手な意見をゴリ押しする。

    「『浮気心を抑えられないのは男の本能』って、誰でもそうだとは限らない」(20代女性)など、男性本位の発言に反感を覚える女性は多いようです。「薄っぺらいことを言うので幻滅した」(20代女性)と、内心では軽蔑されている可能性があるので、注意したほうがいいでしょう。

  • 【8】「なんなら俺と付き合う?」という身も蓋もない提案をする。

    「『なんであなたが?』とドン引き」(20代女性)、「論点すり替えすぎ!」(30代女性)など、意外に多くの人が経験しているのは、「だったら自分と付き合えば?」という突拍子もない申し出です。女性を困惑させても仕方がないので、ノリで発言するのはやめましょう。

参考になったものはありましたか? 相手の女性のタイプによって、ほかにもさまざまな「ムッとさせてしまうアドバイス」があると思います。皆さんのご意見をお待ちしています。(松田久美子)
Photo:All images by iStock