女の子が「返信してほしい!」と強く思っているLINE9パターン


せっかく女の子と仲良くなっても、肝心な時にLINEを返さないと心が離れてしまうこともあるようです。そこで今回は、女の子が「返信してほしい!」と強く思っているLINE9パターンをご紹介します。

  • 【1】「ご飯食べに行かない?」などの遊びのお誘いLINE

    「こちらも多少の勇気を出して誘っているので、返って来ないと不安でさみしくなる。」(20代女性)といったように、お誘いLINEは女の子も気軽に送っているわけではないようです。行けない場合も丁寧に返信するのが礼儀でしょう。

  • 【2】「最近どうしてる?」などの近況をうかがうLINE

    「『元気だよ』、『忙しくて』とか、簡単な返信でいいのに、それすらないと無視された気分になります。」(20代女性)など、気軽なLINEほど返信がないとヘコんでしまう女の子もいるようです。

  • 【3】「このあいだの話どうなった?」などの質問系のLINE

    「こっちから質問したのに返信がないと、完全に無視されたと思ってしまう。」(20代女性)など、質問LINEを送った場合、返信を期待しているため、リアクションがないと女の子のショックも大きいようです。「後でいいや」と思わず、すぐ返信するようにしましょう。

  • 【4】「さびしい」、「悲しい」などの感情を伝えるLINE

    「会いたかったり、心配してほしかったりしてLINEしているだけにつらい。」(20代女性)など、感情を伝えるLINEを送るときの女の子は不安定な状態であることが多いようです。その気持ちをくんで優しい返信を送るといいでしょう。

  • 【5】一緒に遊んだ後の「今日はありがとう」LINE

    「楽しかったのは自分だけなのかと思うと、不安になります。」(30代女性)といったように、女の子の「ありがとう」LINEは気持ちの確認であることが多いようです。特にデートの場合は「好き」という気持ちまで疑われてしまうので注意が必要です。

  • 【6】きれいな景色などを写真に撮って送ったLINE

    「本当は一緒に見たいから送ったのに、返信がないとガッカリします。」(30代女性)など、写真を送ってくる女の子は男性の感想LINEが届くことを期待しているところがあるようです。「実物を見たいなぁ」といった一言だけでも、女の子の期待に応えられることでしょう。

  • 【7】「来週、○○のライブがあるね」といったイベントに関するLINE

    「『じゃあ一緒に行こうよ』と、男性のほうから誘われることを期待しているだけにスルーは寂しくなる。」(20代女性)など、女の子が情報LINEを送る時は、その後の展開を期待していることが多いようです。事情があって行けない場合も、「ありがとう、また教えてね」くらいの返信はしたいところです。

  • 【8】連絡先の変更を知らせるグループLINE

    「グループLINEだけど、いいきっかけなので実は返信を期待しています。」(20代女性)といったように、事務的なグループLINEであっても、返信が来ると女の子もうれしいようです。返信する時は「了解です」で済まさず、近況などを聞いてみましょう。

  • 【9】やりとりの最後に送った「おやすみ」LINE

    「あっさりLINEが途切れると、ちょっと寂しい。それまでのやりとりまで事務的なものに思えてしまいます。」(20代女性)といったように、やりとりの終わりを告げるようなLINEでも、男性からの返信がないと寂しく感じる女の子は多いようです。「おやすみ」だけのシンプルな文面でも、返信するとしないとでは印象がだいぶ異なるでしょう。

皆さんはLINEの返信を怠ったために女の子をガッカリさせてしまったことはありますか? ご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock