女性が彼氏に対して将来に不安を感じる瞬間9パターン


まだまだ先と考える人も、そろそろ…という人も、一度は想像した事があると思われる、「結婚」の二文字。「このまま彼と結婚したとして、大丈夫…?」と、恋人との将来を考える時、女性が彼氏に対して不安を感じるのは、どんな時なのでしょうか。オトメスゴレンの女性読者に聞いてみました。

  • 【1】経済力がない、金遣いが荒いなど、金銭感覚の違いが感じられたとき

    「30代半ばなのに、貯金ゼロ」(20代女性)、「経済面で苦労しそう」(20代女性)のように、金銭感覚の違いはかなり大きなテーマのようです。恋人同士なら金銭感覚が似ている方が平和に過ごせそうです。

  • 【2】定職に就かない、職を転々とする、すぐに辞めるなど、仕事に安定性がないとき

    「転職する度に『これも一生の仕事じゃないなぁ』を繰り返す彼。一生の仕事なんてどこにあるの?」(20代女性)と、腰を据えない態度は彼女の不安をあおる可能性があります。今の仕事をしばらく続けることも大切でしょう。

  • 【3】家事や身の回りのことが自分でできないことを知ったとき

    「炊事、洗濯はまだしも、さすがに『靴下履かせて』には絶句」(20代女性)と、多くの人が自分を母親と勘違いされたくないという意見を挙げました。思い当たる人は、自分の事くらい自分でするのが当然と覚えておきましょう。

  • 【4】大口をたたいてばかりで実際には何のアクションも起こさないなど、言動の不一致を目の当たりにしたとき

    「単なるビッグマウスなのか、他人に厳しく自分に甘いのか、どちらにせよNG」(30代女性)と、口先だけ達者な彼に不信感を覚える人もいます。言葉よりも行動で示す必要がありそうです。

  • 【5】過去の恋愛話や家族の話など、プライベートなことを話したがらないとき

    「将来のことは視野に入れていないのを感じる」(20代女性)また、悩み事を話してくれないのに対し「自分の存在は何なの?と思う。恋人同士なら支え合うべき」(10代女性)といった意見も。相談事を持ちかけられることで安心する女性もいるので、プライベートについて話してあげると良いでしょう。

  • 【6】向上心がなく、だらだらと過ごす彼を垣間見たとき

    そのうちなんとかなるというスタンスをとり続けていると、ただのだらしない人だと思われてしまいます。「こうなるぞ!という目標がなければ成長しない」(20代女性)という厳しい声もあるように、将来の目標は明確にしておいた方が良さそうです。

  • 【7】いつまでも結婚の話が出ないとき

    「女は出産リミットがあるので…」(30代女性)と、出産を意識して結婚のタイミングを考えている女性もいます。女性の方から話を持ち出しにくいとの意見から、男性からビシッと言ってくれるのを求める声が少なくありません。

  • 【8】理想の家庭や目標にしている生き方など、自分と彼が思い描く将来像が全く違うと気づいたとき

    「彼が子ども好きじゃないのが心配」(20代女性)など、家族や家庭生活に対する価値観の違いは、不安要素の一つのようです。お互いの人生観を確かめるために、一度話しあってみるのも良いかもしれません。

  • 【9】嘘をつかれるなど、今後の彼を信じられなくなりそうなとき

    「謝られても次があるかもと疑ってしまう」(20代女性)と、浮気や嘘が発覚した途端、将来を考えられなくなるとの意見です。正直に話しても逆に彼女を怒らせたりする場合もあります。嘘や秘密は初めから持たない、もしくは墓場まで持って行きましょう。

将来を共にする相手として、彼を不安に思うのは他にどんなときがあるのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(池田香織/verb)
Photo:All images by iStock