女性に好印象を残すLINEの終わらせ方9パターン


女性との楽しいLINE交換はつい長引くものですが、忙しい毎日のなかでは、ほどよいところで切り上げることも必要です。だらだらと続きそうになったやりとりを上手に終わらせる方法はないでしょうか。そこで今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査結果を参考に、「女性に好印象を残すLINEの終わらせ方」をご紹介します。

  • 【1】「今度会ったときに続きを話そうね」と直接会ってしゃべりたいことをアピールする

    「いい雰囲気になりつつある相手なら、そこから『で、いつ会う?』という約束につなげられてちょっとうれしい(笑)」(10代女性)など、「続きは会ったときに」と切り上げるのは、自分に好意を抱いてくれている女性に対してかなり有効な手のようです。関係を進展させるつもりがあるなら、ぜひ試してみましょう。

  • 【2】「それじゃ、また明日」と次の連絡を約束する

    「一番自然な終わり方だし、また連絡くれるんだぁ、と楽しみに待てます」(20代女性)というように、LINEによって「つながっている感覚」を大切にする女性にとっては、連絡が途切れないと確信させることが重要なようです。約束したからにはきちんと守る必要があるでしょう。

  • 【3】「そろそろ寝るね。おやすみなさい」と寝る前の挨拶をする

    「会話を終わらせるという負担を担ってくれると、空気を読める人!と思う」(20代女性)など、お互いに終わりを切り出せないという状況は意外に多いもの。男性がきっちりリードすることで、女性に負担をかけずに済むようです。

  • 【4】「明日も早いんじゃないの、大丈夫?」と相手を気遣う

    「だらだらLINEを続けて深夜になってしまったときは、こちらの都合を気遣ってもらえると嬉しい」(20代女性)というように、相手のスケジュールを配慮できる男性の「余裕」に対して、女性は好感を持つようです。「俺、明日早いから」ではなく、あくまで「あなたを心配している」というスタンスを貫きましょう。

  • 【5】「今日はお疲れ様でした。明日もがんばろう!」とねぎらいの言葉を添える

    「仕事で疲れた日は、元気を貰える一言が添えられていると、翌日も頑張れます」(30代女性)など、日ごろから多忙な生活を送る女性にとって、LINEのやり取りをする時間は、貴重なオフタイムかもしれません。相手をねぎらう一言によって、気持ちをリフレッシュさせてあげてはいかがでしょうか。

  • 【6】「また明日もLINEしていい?」と翌日につなげる

    「終わりって感じがしないし、『おはよう』の連絡が来るかも、と楽しみにできる」(10代女性)というように、続きを翌日につなげることで、やりとりを継続させるパターンです。とにかく話を引き延ばしたがる女性には、効果的な終わらせ方ではないでしょうか。

  • 【7】「話せてうれしかったよ」とLINEのやり取りにお礼を言う

    「誠実な感じがするし、いい余韻が残るので、また連絡したくなる」(20代女性)というように、きちんとお礼の気持ちを伝えることで、そこから「名残惜しさ」をほのめかすのもいいでしょう。少なくとも、相手を悪い気にさせることはなさそうです。

  • 【8】「そろそろお風呂に入らなくちゃ」などの理由を伝える

    「その後の行動がハッキリ見えていると、安心してLINEを終われる」(20代女性)というように、「○○をしなくちゃ」という理由が明確なほうが、LINEを終えることに納得してもらえそうです。真実はどうあれ、うまい方便を考えましょう。

  • 【9】一発ネタの笑えるスタンプを送る

    「不意打ちだと、思わず笑っちゃうので満足する」(20代女性)というように、笑いを「オチ」にすることで、区切りをつけやすくする方法です。ただし、笑わせるセンスは大いに要求されるでしょう。

相手への配慮と気遣いが、LINEをうまく終わらせるポイントになりそうです。ほかにも「女性に好印象を残すLINEの終わらせ方」があれば、ぜひ教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock