女性にショックを与えてしまう「褒め言葉」9パターン


異性との会話では、相手のことを「褒める言葉」こそ、好意を伝える大切なスパイスです。しかし、褒め言葉も伝え方次第では、異なる意味として受け取られてしまうもの。良かれと思って言った男性の褒め言葉によって、女性が機嫌を損ねたり、ショックを受けるケースも少なくないようです。そこで今回は、オトメスゴレン女性読者への調査結果を参考に、「女性にショックを与えてしまう「褒め言葉」9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「モテるでしょ?」「彼氏たくさんいたでしょ?」と他人事風に褒める。

    恋愛経験の豊富そうな女性に対して、「魅力的ですね」と伝えようとするパターンです。しかし、「いかにも社交辞令に聞こえるし、遊んでると思われそうなのもイヤ」(20代女性)、「私のことを恋愛対象として見てないんだと感じる」(30代女性)など、他人事のように遠まわしに褒めるセリフは、女性をイヤな気分にさせてしまいがちです。同じく、「かわいいね」などのストレートな褒め言葉も、連発すると嘘っぽく聞こえます。シンプルに一言だけ伝えるのが効果的なようです。

  • 【2】「スッピンでも変わらなさそうだね」と素顔っぽさを褒める。

    はっきりした顔立ちの女性に対して、「素顔でも十分かわいい」と伝えようとするパターンです。しかし、「化粧映えしない顔ってこと?」(20代女性)、「少しでも可愛くいようと毎朝頑張っているので、努力を認めて欲しい」(20代女性)という意見のように、「化粧の無意味さ」を指摘したという風に受け取られてしまうケースもあるようです。同じ意味なら、「素顔でも美人だろうね」など、努力を無視しない表現に変えるといいでしょう。

  • 【3】「痩せたらすごくかわいいと思うよ」とポテンシャルを褒める。

    ぽっちゃりした体型の女性に、「痩せたら絶対美人になる」と伝えようとするパターンです。しかし、「結局、今はデブってことね…」(20代女性)、「どうやったら痩せられるか教えてください…」(20代女性)など、「痩せたら」という条件付けが、そもそも体型に悩んでいるぽっちゃり女性の心を傷つけるようです。せめて「今でも十分かわいいけど」といった一言を付け加えることで、オブラートに包みましょう。

  • 【4】「本当に細いよね」とスリムさを強調して褒める。

    スリムな体型の女性に対して、過剰に「細さ」を強調するパターンです。一般的に、痩せていることは女性の魅力のひとつですが、そこばかり過剰に褒めると、「もともと太らない体質なので、『ちゃんと食べてる?』とか聞かれるとイヤ」(10代女性)、「グラマラスなタイプが好みの男性に言われても嬉しくない」(20代女性)など、素直に受け取ってもらえないことも。体型について無理に褒めようとするのは避けた方がよいでしょう。

  • 【5】「面白いよね」「親しみやすいよね」と親近感があることを褒める。

    まるで男友達のように親しく付き合える女性に対して、「付き合いやすさ」を褒めるパターンです。しかし、「結局女性としては見られていないんだな、という気がする」(20代女性)、「友達ならいいけど、気になる人や好きな人から言われると辛い」(20代女性)というように、知らぬ間に相手を傷つけてしまうこともあるようです。また似たケースとして、「性格はすごくいいよね」などのセリフも、裏を返せば失礼なので要注意でしょう。

  • 【6】「仕事ができてかっこいいよね」と実務能力を褒める。

    仕事もバリバリできるキャリアウーマンタイプの女性に対して、尊敬の念を込めて「かっこいい」と伝えるパターンです。しかし、「女性としてはかわいくないって言われた気分」(20代女性)、「男みたいに強いキャラだと思われても…」(30代女性)という意見のように、「女性らしさ」を否定されたような気分にさせてしまうようです。男性顔負けに男らしい女性に対しても、女性として扱う気遣いは忘れないようにしましょう。

  • 【7】「歳よりも若く見えるね」と若々しさを褒める。

    年齢よりも若く見える女性に対して、「若さ」を魅力として伝えるパターンです。しかし、「童顔がコンプレックスなので、嬉しくない」(20代女性)、「本当に思ってくれているなら嬉しいけど、気を使って言っている人も多そうで、素直に喜べない」(30代女性)など、相手や自分の年齢によっては、ストレートに受け取ってもらえないケースも多いようです。女性にとって「年齢」の話題はタブーの一つ。うかつには踏み込まないようにしましょう。

  • 【8】「アジアンビューティーだよね」とわかりづらい表現で褒める。

    エスニックな雰囲気の女性に対して、個性を褒めようとするパターンです。しかし、「地味顔って言われるのと同じ」(20代女性)、「服装とかでエスニック系を狙っているわけじゃないのに、そう言われても反応できない」(20代女性)という意見のように、「アジアンビューティー」という言葉自体が、そもそも褒め言葉として成立しないケースが多いようです。女性が和服を着ていたり、海外旅行先で出会ったなどの特殊なケースを除いて、日常では使わない方が無難そうです。

  • 【9】「みんなは知らないけど、俺はかわいいと思うよ」と自分勝手に褒める。

    他人の評判とは無関係に、「自分はキミのことが好みだ」と伝えようとしたパターンです。男性らしい不器用さを感じさせるセリフですが、「一般的にはかわいくないってことですか?」(20代女性)、「遠まわしなマニア向け認定では」(20代女性)など、ネガティブに受け取られてしまうケースが多いようです。女性を褒めるときは、わざわざ他人を巻き込まず、率直に自分なりの言葉で語る方がいいようです。

つい褒めたくなる「その人の個性」も、本人にとってはコンプレックスであるケースは少なくありません。安易な褒め言葉には注意しましょう。ほかにも「女性にショックを与える間違った褒め言葉」のパターンがあれば、ぜひ教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock