女性が「この人、オタクっぽくてキモい!」と感じる瞬間9パターン


「オタクである」ということは、何かひとつの分野の知識に長けているということなので、決して悪いことではありません。ただ、オタク的な態度があだとなり、女性との出会いを妨げていることも・・・。では、女性は男性のどんな言動に、「オタクっぽくて気持ち悪い!」と感じるのでしょうか? 調査した結果をご紹介します。

  • 【1】Tシャツなど、アニメグッズを身につけていたとき

    「ロゴだけならまだしも、思いっきり萌えキャラとかが描いてあるTシャツを着ているのを見ると、必死な感じがして引く」(20代女性)、「部屋とかも萌えアニメのグッズばっかりなのかなとか、想像しちゃう・・・」(20代女性)など、アニメキャラが描かれているグッズを身につけていると、オタク度が高いと感じる女性が少なくない様子。好きなものは仕方ありませんが、時と場合をわきまえてアニメ関連グッズを身につけたほうが良いかもしれません。

  • 【2】オタ芸を完璧にマスターしていたとき

    「カラオケで友だちがアイドルソングを歌ったら、オタ芸をパーフェクトに踊り切った男子がいてコワかった・・・」(10代女性)など、オタ芸の完成度にビックリする女性がいるようです。場の空気を盛り上げるためにオタ芸などを披露する男性がいるかもしれませんが、あまりに完璧すぎると、しらけてしまう女性がいる模様。ほどほどに加減して披露したほうが良さそうです。

  • 【3】アニメキャラのかわいさなどについて、延々と語られたとき

    「『あの作画が神で!』とか、語られても意味わかんない」(10代女性)、「アニメのキャラのかわいさについて語り出した時点で、キモくて男としては意識できない」(20代女性)など、アニメ作品について熱弁をふるう男性に、厳しい目を向ける女性が多いようです。男性が「アニメのキャラ=二次元の人物」に愛を注いでいる様子を垣間見て、嫌悪感を示す女性もいる様子。たとえアニメキャラが大好きでも、初対面や付き合いの短い女性の前では、あまり必死に話題にしないほうが良いかもしれません。

  • 【4】ゲームのキャラクターを「俺の嫁だから」と言っていたとき

    「ゲームの中の女性を『俺の嫁』とか言ってるのを聞いてドン引き。カッコいい人でも無理!」(20代女性)、「二次元の女性にマジ惚れして、どうやって性欲を満たしているのか・・・と考えると、気持ち悪すぎる!」(30代女性)など、二次元のキャラに本気で恋をしていると思われてもおかしくない発言に、女性は嫌悪感を抱くようです。愛でたくて仕方がないキャラクターがいたとしても、それを公言するのは控えたほうが良さそうです。その想いは心の中でひっそりと育みましょう。

  • 【5】マンガを読みながら、一人でニタニタ笑っていたとき

    「エロい萌えマンガを読みながらニヤニヤしている男子は最悪! エロ本と同じなので教室の中で読まないでほしい」(10代女性)、「萌えマンガを読みながら欲情しているのかと思うと、本気でキモい」(20代女性)など、公共の場所で刺激的なマンガを読みながら顔を緩ませている男性に、女性は不快感を抱くようです。そういったマンガを読むときは、時と場所と場合をわきまえるよう、心がけたほうが良さそうです。

  • 【6】「?ナリ!」「?ですぞ」など、メールや口調の語尾がアニメっぽかったとき

    「『?でございますぞ』、『?なりぃ』、『?だにゃ』とか、普通の会話で使わないような口調で話していると、ヲタなのかなと思う」(20代女性)など、会話の語尾でオタク度を測っている女性がいるようです。また「アニメのキャラみたいな口調のメールがコワいし、イライラして返信する気が失せる」(20代女性)という意見もあり、不機嫌になってしまう女性もいる様子。冗談でそういった口調を使ったとしても、付き合いの浅い女性には本気だと思われる可能性があります。アニメっぽい口調は様子を見て使ったほうが良いかもしれません。

  • 【7】「ほぇ??」などと、不自然な擬態語を会話の合間でよく発するとき

    「イケメンだったのに、食べものを噛むときに『モギュモギュ』と言っていて、一気に恋愛感情が無くなった」(10代女性)、「電話で話しているとき、オタクな男友達が『ほぇ??』、『ふむふむ』とか相槌を打っているのを聞いて、『この人、マジでオタク臭いな(笑)』と思った」(30代女性)などの意見があり、アニメっぽい擬態語を使う男性をオタクっぽいと捉える女性が多いようです。意中の女性が非オタクな場合は、恋愛対象と見られなくなるかもしれないので、擬態語を会話に含めないほうが良さそうです。

  • 【8】アニメのキャラ名など、妙なあだ名で自分を呼ばせようとしたとき

    「前に、付き合ってもいない人に『○○ぴょん』『ご主人様』って呼んでほしいと言われ、ドン引きしました」(20代女性)など、萌えっぽい妙なあだ名で呼ぶことを強いられると、女性は気色悪さを覚えるようです。また、「会って間もない男性に、『○○にゃんはさ?』と変なあだ名をつけられて、鳥肌が立った」(20代女性)という意見もあり、異様なあだ名で呼ばれることを嫌う女性もいる様子。あだ名を決めるときは、相手の性格や好みに合わせて決定したほうが良いかもしれません。

  • 【9】カラオケで、声色を変えてアニメソングを歌っていたとき

    「女性が歌うアニソンを、裏声で本気で歌っている姿を見て、心配になった・・・」(20代女性)「わざわざのどスプレー持参で、早口で甲高いアニソンばかり唄っている男子を見て、本気で気持ち悪いと思った」(20代女性)など、カラオケで本気アニソンを歌う男性に興ざめする女性が少なくないようです。カラオケの選曲で男性を品定めする女性もいるようなので、合コン二次会のカラオケなどでは、アニソンばかりを歌わないほうが良いかもしれません。

いかがでしたか? オタクであること自体に嫌悪感を示すというよりは、オタクな部分を必死でアピールしようとする行動に、女性は「キモい!」と感じる傾向があるようです。皆さんのご意見をお待ちしております。(遠藤麻衣/verb)
Photo:All images by iStock