女性からの告白を断ったあと、やってはいけないこと8パターン


思いがけない相手からの告白。好意はありがたく受け取っても、交際できる状況になく、断ってしまった経験のある人は多いと思います。そこで今回は『オトメスゴレン』読者の女性を対象に「女性からの告白を断ったあと、男性がやってはいけないこと」について、意見を集めてみました。男性が意外と気付いていない女性の本音をご紹介します。

  • 【1】目が合うたびに、あからさまに気まずそうにする。

    「目が合うたびに『しまった!』みたいな表情を浮かべられるとグサッとくる。」(20代女性)、「こっちの顔を見ただけで、視線が泳いで動揺しまくり。そんなに迷惑でしたか?」(30代女性)など、気まずい雰囲気を引きずったまま、関係がぎくしゃくしてしまうパターンです。「大勢で話しているところに、自分が入ると急に沈黙。『何かあったの?』とみんなにバレバレ。」(20代女性)というように、変な空気が周囲に伝わると、ますます女性の立場がありません。相手の女性と共通の知人が多い場合には、特に配慮が必要でしょう。

  • 【2】いきなり恋愛相談を持ちかけるなど、何もなかったかのように振る舞う。

    「『友達のままでいよう。』という返事には納得したが、いきなり恋愛相談されるのはキツイ。」(10代女性)、「告白した翌日に『彼氏がほしいならいいヤツ紹介するよ。』と言われた!」(20代女性)など、女性からの告白を「なかったこと」のように振る舞うというものです。「告白を断った事実」を意識させないように努めるのは、ひとつの気遣いかもしれませんが、度を越すと「無神経」だと受け取られてしまいます。好意には応えられなかったとしても、勇気を出して打ち明けてくれた女性への感謝の気持ちは忘れずにいたいものです。

  • 【3】おびえた目つきで見るなど、露骨に避けたり、警戒する。

    「わたしが教室に入ったとたん、反対側のドアから出て行ってしまった。」(10代女性)、「用事があってメールしたら、アドレスを変えられていた。しつこく追い回す気なんてないのに!」(30代女性)など、露骨に避けられることで傷ついたという体験談が多く寄せられました。「好きだから告白したのに、おびえた目つきで見られるのは心外。」(30代女性)というように、必要以上に警戒しては、お互いに嫌な後味を残すことになってしまいます。突然の告白に困惑するのはわかりますが、できる限り冷静に対処するよう意識しましょう。

  • 【4】告白したとたん「おまえ」と呼ぶなど、急になれなれしい態度を取る。

    「『付き合って。』という告白にはNGだったくせに、やたら連絡してきて『飲もうよ。』と誘う。下心がミエミエでガッカリした。」(20代女性)、「以前は『○○さん』と普通に呼んでくれたのに、告白後は『おまえ』に変化。そいつの彼女になったわけでもないのに、弱みを握られたみたいで悔しい。」(20代女性)など、告白を境に男性が急になれなれしくなったというケースです。こうした態度は相手に不信感を抱かせるだけでなく、品位を疑われたり、女性の口から悪評が広がることにつながりかねないので、注意しましょう。

  • 【5】「いまは恋愛対象だと思えない。」など、気を持たせるような発言をする。

    「『もう少し早く言ってくれたら。』とあとから言われても、後悔が募るばかりで諦めきれない。」(20代女性)、「『いまは恋愛対象だと思えない。』って、いつまで待てばいいの?」(10代女性)など、気を持たせるような言葉に振り回され、疲れきったという女性の声が多く寄せられました。男性としては、悪気なく本音で話しているつもりなのかもしれませんが、「早く想いを断ち切って、次の恋に進みたい。」(30代女性)と願う女性の可能性をつぶしてしまっては、あまりに気の毒です。無責任な発言は慎むように心がけましょう。

  • 【6】いつまでも自分のことを好きだと勘違いする。

    「1年も前のことなのに、『俺のことを好きな女』扱いは不愉快。」(20代女性)、「いまの彼氏を『俺のかわりに付き合った男』みたいに言われてブチ切れた。」(20代女性)など、たった一度の告白を「不変の事実」と誤解され、怒りを覚える女性は少なくないようです。「とっくに気持ちを切り替えてるのに、いつまでもウジウジされると『もう違うから!』と言いたくなる。」(20代女性)というように、特に傲慢な態度でなくても、男性が「意識している」だけで女性に恥ずかしい思いをさせている場合があるので、気をつけましょう。

  • 【7】振ったくせに食事に誘ってくるなど、中途半端に優しくする。

    「わたしを振ったくせに『元気ないね。うまいもんでも食べに行く?』と普通に誘ってくれる。」(20代女性)、「告白前と変わらず悩みごとを聞いてくれるし、風邪を引けば薬を家まで届けてくれる。」(20代女性)など、「告白を受け入れたわけではないが、中途半端に優しい」というケースです。「言葉にしなくても、大事に思ってくれているはずと信じていたら、『彼女ができた。』と言われてショック。」(10代女性)といった不幸な誤解を招かないためにも、場合によっては、あえてきっぱりとした態度を取る必要がありそうです。

  • 【8】周囲の人に告白されたことを言いふらす。

    「真剣に打ち明けたことを簡単に人に言わないでほしい。」(10代女性)、「相手の友達まで伝わっていると、裏で自分を笑いものにしているんじゃないかと疑ってしまう。」(20代女性)など、第三者に「告白」の事実が伝わることを快く思う女性はあまりいません。「部署の先輩に思い切って告白したら、次の日には社内どころか取引先の人にも噂が広がっていた。会社に居づらくなるしウンザリです。」(20代女性)というように、女性の職場での立場まで危うくするおそれもあるので、他人には軽々しく漏らさないのがマナーです。

身に覚えのあるもの、参考になった意見などはありましたか?女性の性格や相手との関係によって、ほかにもさまざまな「やってはいけないこと」が考えられると思います。皆さんの意見をお待ちしています。(松田久美子)
Photo:All images by iStock