告白する勇気を絞り出す方法9パターン


告白したら付き合えるかもしれないのに、なんだか怖くて告白できない・・・そんな思いをしたことありませんか? 結局告白できずに後悔した経験がある方もたくさんいらっしゃるかもしれません。ということで今回は、スゴレンの男性読者に、告白する勇気を絞り出すためにどんなことをしているのかを聞いてみました。告白に踏み切れない方の参考になればと思います。

  • 【1】告白しないで後悔している姿を想像する。

    告白しなかったことを後悔するシチュエーションを想像する方法です。「モタモタしていたら、他の男に取られてしまうかもしれないと思うと燃える」(20代男性)、「告白しなかったらもう会えなくなるかも・・・とか考えたら告白するでしょ?」(10代男性)などの意見にもあるように、自分で自分の背中を押すために有効かもしれません。ただし、後悔するかもしれないからといって焦ってしまっては上手く告白できない恐れがあります。女の子のことを十分知ってからなど告白するタイミングには注意した方がよいでしょう。

  • 【2】友人に「告白するから」と予告する。

    仲の良い友達に「この日に告白するから」と伝え、自分にプレッシャーをかける方法です。「逃げ場をなくし、背水の陣で臨むべし!」(30代男性)、「有言実行!臆病者にはなりたくないです」(20代男性)のように、告白せざるを得ない状況を作り出せば、勇気が湧くかもしれません。ただし、告白の結果がどうあれ、その後のことを周りから根ほり葉ほり聞かれてしまう可能性があります。告白予告の相手は信頼できる友人だけにとどめておいた方がいいでしょう。

  • 【3】脈アリと確信できるメールをもう一度読み返す。

    女の子からのメールを読み返し、「自分に気がある!」と信じ込む方法です。「脈アリっぽいメール読んでると、『イケる!』っていう気持ちになる」(10代男性)のように、告白成功のイメージが思い浮かんで、前向きな気持ちになれるかもしれません。ただ、女の子のメールの意図について考え過ぎると、逆に不安になってしまう恐れがあるので、読み返し過ぎには注意しましょう。

  • 【4】前日までに告白時のイメージトレーニングをしておく。

    自分が告白するシチュエーションや、告白の台詞のイメージを固めておく方法です。「ぶっつけ本番だと、噛んでしまうかもしれないし」(10代男性)、「気が小さいから、準備は必須。テンパるのは嫌です」(10代男性)のように、しっかり準備をしておけば、告白がうまくいくイメージが湧いてくるのかもしれません。ただし、告白がイメージ通りに決まるとは限らないので、予定通りにいかなくても、自分の素直な気持ちを精一杯伝えましょう。

  • 【5】デートでいい雰囲気になったことを思い出す。

    デート中のいい雰囲気を思い出し、告白する勇気を出す方法です。「相手にも気がある!と勇気が湧く」(20代男性)、「過去のデートでの手応えが、自信になる」(20代男性)のように、「きっと相手も告白を待っている!」と前向きに考えられるかもしれません。二人でデートをしている時点で、女の子は多少なりとも気があると言えるでしょう。女の子の気持ちが変わらないうちに、告白した方がいいかもしれません。

  • 【6】付き合ってラブラブになっている様子を想像する。

    付き合ってからの幸せな様子を想像する方法です。「相手が『うん』と頷くところを想像する」(20代男性)「失敗した時のことを考えてもしょうがない。付き合ってからどこに行くかなどを考えます」(10代男性)のように、具体的な成功のイメージが、告白を後押しするのかもしれません。ただし、当日の告白が思い通りにならなくても慌てないように注意しましょう。

  • 【7】告白前に恋愛トークをして、告白しやすい雰囲気を作る。

    恋愛トークでお互いの気持ちを盛り上げ、告白しやすいシチュエーションに持ち込む方法です。「告白はタイミングが大切。会話の中でOKサインが出るかもしれない」(20代男性)、「相手も気持ちの準備ができると思うから」(10代男性)のように、雰囲気作りに気を使えば、告白しやすくなるかもしれません。ただし、いい雰囲気はずっと続くとは限らないので、「ココだ!」というタイミングで決めてしまいましょう。

  • 【8】「今日が地球最後の日、告白のラストチャンス」と思いこむ。

    告白のラストチャンスが迫っていると思い込む方法です。「明日、地球が滅びないとも限らないと考えたら、告白せずに終わりたくないって気持ちになった」(20代男性)のように、後に引けない状況を作り出せば、告白する勇気も湧いてくるもの。ただし、自分を追い込み過ぎると、告白時に思い詰めた表情になってしまい、女の子に引かれてしまう恐れもあります。自分にプレッシャーをかけ過ぎないようにしましょう。

  • 【9】余計なことを考えずに、深呼吸をする。

    あれこれ考えずに、告白前の高ぶる気持ちを落ち着かせる方法です。「自分の気持ちが本物なら、小細工はいらないでしょ」(10代男性)、「告白前は悩むよりも、リラックスした方がいいと思う」(20代男性)のように、告白前は自分を信じてリラックスすることが大切かもしれません。とはいえ、自信を持って告白するまでには時間がかかるもの。お互いのことをよく理解しているときに有効な方法と言えるでしょう。

今回ご紹介した中に、使えそうな方法はありましたでしょうか。また、告白する勇気を絞り出すには、他にどんな方法があると思いますか? みなさんからのご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock