花火大会終了後、女の子に話しておきたいテーマ7パターン


花火大会の帰り道は大混雑しているため、女の子とゆっくり話ができるチャンスです。このような状況において、どのような会話を交わせば良いのでしょうか。今回は、みなさんの会話の幅を広げて頂くために「花火大会終了後、女の子に話しておきたいテーマ7パターン」をご紹介させて頂きます。

  • 【1】花火大会の感想を聞く。

    花火を観たときの感動の共有をしましょう。花火大会について振り返ることで、女の子との会話が盛り上がることができるでしょう。なお、「去年行った、○○の花火大会はもっとすごかった。」などの他の花火大会に関する自慢は控えましょう。このような自慢話は、「今日の花火大会は、つまらなかったのかな?」と女の子に不安を与えることになります。

  • 【2】別の花火大会に一緒に行くことを提案する。

    女の子が花火大会デートに喜んでいる様子ならば、別の花火大会デートに誘ってみましょう。「次のデートに繋げる」ことがデートにおける重要なポイントのひとつではないでしょうか。

  • 【3】これからの予定について提案する。

    花火大会終了後の行き先について、女の子と話をしましょう。なお、「どこに行こうか?」と女の子に尋ねるのではなく、食事する場所など複数のプランを提案し、女の子に好きなプランを選んでもらいましょう。

  • 【4】この夏に行きたい場所について聞く。

    女の子の行きたい場所を聞き出すことによって、次のデートのテーマを引き出すことができます。チャンスがあれば、「俺も行ってみたい。一緒に行こうよ。」とデートに持ち込むことが可能となります。

  • 【5】女の子の近況を聞く。

    女の子の近況について耳を傾けましょう。女の子の愚痴を含め、受け止める心の広さが必要です。女の子に聞き上手だと思ってもらえれば、次回のデートについても約束できるかもしれません。

  • 【6】恋バナする。

    思い切って、「好きなタイプ」や「理想のデート」など恋バナを展開しましょう。女の子の恋愛傾向を知ることができます。なお、「好きな人はいるの?」などのような話題は、恋愛相談に発展してしまう可能性があるので、避けた方が賢明でしょう。

  • 【7】「二人で花火する?」と提案する。

    花火大会の後で、二人だけで小さな花火をすること提案してみましょう。女の子が快諾してくれた場合、急接近できるチャンンスかもしれません。

花火大会の終了後、女の子とどのような会話をしているのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock