「二度と会いたくない!」と思う男性のトーク9パターン


人との出会いは、第一印象が最も重要と言いますが、男女の間でも同じことが言えます。せっかく出会いのチャンスがあっても、初対面の女性に悪印象を抱かられてしまっては元も子もありません。出会いの機会を無駄にしないために、女性が聞いて嫌悪感を抱く、男性のトークを調べてみました。

  • 【1】学歴や乗っている車についてなど、自分にまつわる自慢話

    「初対面で自分の自慢話をする男性は、ほとんど人の話を聞かないKY」(10代女性)、「大したことない自慢話に、相槌を打つのが面倒」(30代女性)、「自己顕示欲が強そうでウザい」(20代女性)などの意見があり、初対面でいきなり自分のことを語りすぎるのはNGのようです。言っている本人は自慢話をしているつもりはないかもしれませんが、?女性に良く思われたい?と思うあまり、自己アピールが自慢話にしか聞こえなくなっているのかもしれません。良く思われたいという気持ちを少し抑えて、他人の話にも耳を傾けるよう、心がけたほうが良いでしょう。

  • 【2】「アイツは使えない奴」など、上から目線での他人の批判

    初対面でいきなり上から目線で他人をけなす男性を、「?何様なの??と思う」(10代女性)、「会ったばかりで他人の悪口なんて聞きたくない」(20代女性)など、不快に思う女性が多いようです。また、「私も陰でなんて言われるかわからない」など、?信用できない男性として認識されてしまうこともあるようです。人の批判や愚痴は聞いていて楽しいものではありませんので、むやみに口外せぬよう、心がけたほうが良いでしょう。

  • 【3】「俺は彼女ができたら、●●するタイプだよ」など、頼んでもいないのに語られる恋愛観

    女性に自分を知ってほしくて、恋愛観を語る男性がいるようですが、「会ってすぐにそんな話をされても、どう反応すればいいのかわからない・・・」(20代女性)などの意見があり、困ってしまう女性が多いようです。「相手がイケメンでも、チャラい人なのかと思ってしまう」(30代女性)という声もあり、軽い男性だと思われてしまう可能性もあるようです。恋愛観は、恋の話が盛り上がったときや女性との距離が縮まってから話したほうが良さそうです。

  • 【4】自分の好きな分野についての、オタク的なウンチク話

    「自分でしている話に、自分でハマって笑っている姿にウンザリ」(20代女性)、「全然話が広がらないし、正直ウザい」(10代女性)など、自分の趣味を熱弁する男性に、女性は厳しい意見を持っているようです。場を盛り上げるために得意分野のウンチク話をしている男性がいるのかもしれませんが、一方的な話になってしまい、会話のキャッチボールが成立していないことが多いようです。女性の表情をよく観察し、趣味の話に興味がありそうであれば、わかりやすい解説を入れるなど、女性が聞いていて飽きない話し方をするような配慮が必要でしょう。

  • 【5】将来のビジョンなど、押しつけがましく語られる、仕事に対する情熱

    「初対面で将来のビジョンを語られても、返答に困る」(20代女性)、「仕事への情熱とか、聞いたところで何も面白くないし、私にどうしてほしいの!?と思う」(30代女性)など、初対面で仕事に対する思いを熱弁されても、戸惑う女性が少なくないようです。女性は男性の職業には関心があっても、仕事に対する熱意など、個人的な事情には興味がない場合があります。初対面であれば尚更その傾向が強い可能性があるので、執拗に仕事の話をするのは避けたほうが良いかもしれません。

  • 【6】「だから何?」と言いたくなるような、オチのない話

    「起承転結がない話は聞いていてしんどい」(30代女性)、「状況がまったく想像できない話をニコニコしながら聞くのは、疲れる」(20代女性)など、聞いていてもつまらない話に女性は嫌悪感を抱きやすいようです。?つまらない?と感じていても、女性は笑顔で聞いていることが多いので、目がちゃんと笑っているかどうか、確認しながら話を展開したほうが良さそうです。トークは、内容だけではなく、話し方が重要な要素となります。女性がそのときの様子を想像できるように少々大げさな話し方をしたり、順序を考えながら話したりするように心がけると、良いかもしれません。

  • 【7】今までつき合ってきた女性の職業についてなど、元カノの自慢話

    「どんな返答を求めて元カノの自慢話をしてくるのか、意図がわからない」(20代女性)、「こんな女とつき合っていた自分はレベルが高いと自慢したいわけ?」(10代女性)などの意見があり、元カノの自慢話は、初対面の女性が聞いて面白い話ではないようです。また、「表面的なステータスでしか人を判断しない、薄っぺらい男性なのかと思う」(30代女性)という意見もあり、語った男性自身の印象を悪くする可能性もある様子。元カノの話は初対面の女性には関係ないので、聞かれたら話す程度にとどめておいたほうが良さそうです。

  • 【8】聞いてもいないのに語られる自分の性生活や下ネタ

    下ネタで話を切り返すなど、性的な話を嫌う女性が少なくないので、いきなり話題にするのは避けたほうが良いでしょう。また、ベッドの上での話など、性的な質問をするのを失礼だと感じる女性も多いので、気をつけたほうが良さそうです。女性は、男性以上に性をプライベートなものと考えている傾向が強いようです。中には下ネタを上手に返してくれる女性もいますが、初対面の女性には控えたほうが良いでしょう。

  • 【9】「彼氏いるの?」「なんで別れたの?」など、恋愛に関する質問攻め

    会ったばかりなのに、恋人の有無や別れた理由などをしつこく訊いてくる男性を、不愉快に思う女性が多いようです。恋愛事情を初対面の相手に触れられたくないと考えている女性も少なくありません。無神経な男性?だと女性に思われないようにするためにも、恋人の話にはあまり踏み込まないよう、気を使ったほうが良いかもしれません。恋人の有無を訊いたときの女性の反応を見て、その話題を続けるべきか判断するのが賢明でしょう。

「俺が俺が」と、周りの人のことを考えずに自分のことばかりを主張する男性や、デリカシーのない話題を振ってくる男性に、女性はウンザリするようです。相手に自分を印象づけたい、場を盛り上げたいと思っても、初対面であるということを忘れてはいけません。自分が相手にどう思われるかをしっかり想像して、相手に対する礼儀をわきまえた言動をするように心がけたほうが良いでしょう。皆さんのご意見もお待ちしております。(遠藤麻衣/verb)
Photo:All images by iStock