好きな人が振り向いてくれない…女性がガッカリする瞬間9パターン


男性というのは、片想いをしている女性の気持ちには鈍感で、女性や自分の意に反した失礼な言動をしてしまいがちです。そこで片想い中のオトメスゴレン読者に、想いを寄せる男性とのコミュニケーションの中で、どういうことをされると「振り向いてくれない・・・ 」と感じるのかご意見を募りました。相手女性の好意を受け取る/受け取らないは別にして、こちらに好意を寄せてくれている女性を不用意に傷つけないための行動指針として、ご参考にいかがでしょうか。

  • 【1】メールを送る/話しかけるのがいつも自分からのとき

    想いを寄せる男性に対してメールを送ったり、話しかけたりするのが、常に自分からだと気づいた瞬間です。自分から行動を起こさないと、ずっとメールがこない/話しかけられないままだと感じた女性は、やがて「彼は自分には興味がないのだ」と考えるようになります。これは、食事をしたり、一緒に遊んだりする関係で、男性からの誘いがまったくない時でも同じことが言えるでしょう。

  • 【2】電話やメールをしたのに折り返しが遅いorないとき

    片想いの男性に電話やメールをしたのに、折り返しが遅かったり、コールバックや返信がまったくない瞬間です。一般にコールバックや返信までの時間が短ければ短いほど、女性は「彼は自分に興味がある」と考えがちです。

  • 【3】メールが素っ気ないとき

    好きな男性にメールを送ったのに、素っ気ない内容のメールがきた瞬間です。特に女性から送ったメールの内容が長文だったり、情緒的だったりするのに、男性から返ってきたメールが短文で事務的だと非常にダメージを受けます。

  • 【4】適当なあいづちを繰り返されるとき

    想いを寄せる男性と会話や電話をしているのに、適当なあいづちを繰り返されたり、すぐに終わらせられるような瞬間です。また、会話に他の女性が参加している場合などは、他の人よりリアクションが薄かったり、他の人とばかり話をしたり目線をあわせていたりすると、女性は深く傷つくようです。

  • 【5】今まで話した話題を全く覚えていないとき

    今まで何度も話をしたり、メールをしたりしているのに、そこで語った内容を片想いの男性がまったく覚えていない瞬間です。特に重要な話題を忘れられていたり、一度話したはずの内容を、相手の男性がさも初めて聞くようなそぶりでいると、「自分のことは大した存在ではないのだな」と感じ女性は傷ついてしまいます。

  • 【6】忙しいという理由で予定を先延ばしにされたとき

    デートといわず、一緒に買い物に行ったり、食事に行ったりしようという女性からの誘いを、男性から忙しさを理由に先延ばしにされた瞬間です。自分との予定より他の予定を優先されることで、自分の存在感の低さをありありと実感してしまうようです。

  • 【7】好きな人の話をされたとき

    想いを寄せる男性から、片想いの女性の話を振られた瞬間です。場合によっては恋愛相談をすることもあるでしょう。片想いの女性の大ダメージたるや、想像に難くありません。

  • 【8】「誰か、紹介して」と頼まれたとき

    「誰かいい人を紹介して」と片想いの男性に、彼女候補の紹介をお願いされた瞬間です。「目の前に自分という女性がいるというのに」と恋愛候補から落ちていることを女性が痛感することは必至です。

  • 【9】あからさまに下ネタを言われたとき

    好きな男性からあからさまに下ネタを振られた瞬間です。気心知れた友達のような関係であることは間違いないのですが、それ以上の存在ではないことを女性に気づかせてしまう言動です。

以上、片想いをしている女性の意見が出そろいましたが、あなたが気づかぬうちに女性に対して行っている言動はありませんでしたか? また、他にはどんな言動が「片想い女性をがっかりさせてしまう」と思いますか。皆さんのご意見をお待ちしております。(熊山 准)
Photo:All images by iStock