自分の話をするべき7つのタイミング


女の子に自分をアピールしたいものの、一方的に自分の話をした場合、嫌われてしまう場合があります。では一体、どのようなタイミングで自分の話を披露すれば良いのでしょうか。今回は、「自分の話をするべき7つのタイミング」についてご紹介させて頂きます。

  • 【1】女の子から質問されたとき。

    女の子から質問された場合には積極的に答えましょう。ただし、話が長くならないように注意しましょう。

  • 【2】女の子が緊張しているとき。

    女の子の緊張を解くためにも、自分の話を披露しましょう。ただし、一方的に話をするのではなく、適度に女の子に質問するように心掛けましょう。

  • 【3】無言が続いているとき。

    その場の雰囲気を盛り上げるために、自分の話を披露しましょう。ただし、一人で突っ走り、暴走しないように注意しましょう。

  • 【4】女の子に質問する前。

    女の子に質問する前に、自分自身のことを伝え、女の子をリラックスさせましょう。質問責めになった場合、女の子は引いてしまいます。

  • 【5】心を開いていることをアピールしたいとき。

    話をする内容によっては、心を開いていることをアピールすることができます。

  • 【6】オチのある話があるとき。

    オチのある話で、かつそのオチに自信があれば、話を披露し、女の子を笑わせましょう。

  • 【7】話術が自信があるとき。

    話術に自信があるときは、タイミングを気にすることなく、話を披露しましょう。

みなさんはどのようなタイミングで、自分の話を披露しているでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock