告白されたときの断り方5つのポイント


特に意識していなかった女の子からの突然の告白! しかし、付き合うつもりのない女の子から告白された場合、断り方に困ります。そこで今回は、いつ告白されても良いように、「告白されたときの断り方5つのポイント」をご紹介させて頂きます。

  • 【1】嫌そうな態度を見せないこと。

    相手の気持ちに対して、誠意をもって接しましょう。どんな相手であれ、嫌そうな態度を見せないことは男のマナーです。告白してくれた女の子に悪い印象を与えた場合、悪評は口コミで一瞬で広がります。

  • 【2】ハッキリと断ること。

    気になる素振りを見せて、相手を期待させてはいけません。中途半端な優しさは不要です。女の子が諦めることができるように、ハッキリと断りましょう。

  • 【3】振ったら、5分以内に立ち去ること。

    振った後、一緒に過ごす時間が長いほど、女の子は「まだ可能性があるかも。」と期待する可能性があります。振った直後はスグに立ち去りましょう。

  • 【4】しばらく連絡をしないこと。

    メール、電話や直接の会話などはできるだけ控えましょう。振られた相手の些細な行動から、女の子は「まだ可能性があるかも。」と期待を持つ可能性があります。なお、業務で必要な場合は、必要最低限度のコミュニケーションで済むように意識した方が良さそうです。

  • 【5】「好きな人がいる」と伝える。

    断る際には、女の子に全く見込みがないことを理解して貰う必要があります。たとえウソであっても「好きな人がいる」と伝えることも手段のひとつです。

みなさんは、告白された後、断るときどのようなことに気をつけているでしょうか。みなさんのご意見、お待ちしております。(山場ヤスヒロ)
Photo:All images by iStock