寝不足自慢がもたらす影響5パターン


睡眠不足であることを自慢し、自分のタフさをアピールしている人を見かけたことはありませんか? また、女の子に寝不足自慢をした経験はないでしょうか? このような「睡眠不足自慢」は、悪印象を与える場合があるので、注意する必要があります。そこで今回は、「寝不足自慢がもたらす影響5パターン」をご紹介させて頂きます。

  • 【1】「時間管理ができない男」だと思われる。

    仕事の大変さをアピールしているつもりでも、結果として、女の子には「時間管理できない男」だと思われてしまう可能性があります。同じ職場の同僚でもない限り、仕事の大変さを理解してもらう ことは難しいでしょう。

  • 【2】「要領の悪い男」だと思われるから。

    寝不足であることを「功績」として評価して貰えず、女の子に「要領が悪い」「仕事ができない」というマイナス評価されてしまう可能性があります。

  • 【3】「自分のタフさに自己陶酔している男」だと思われる。

    寝不足自慢は、女の子には「自分のタフさ」を自慢しているように理解される可能性があります。単なる自慢話では、女の子が興味を示すこともなく、話を聞き流される可能性があります。

  • 【4】「絡みづらい男」だと思われる。

    寝不足自慢に対するリアクションは難しく、女の子は返事に困ってしまいます。結果として、「絡みづらい男」というレッテルを張られる可能性があるので、注意が必要です。一度、「絡みづらい」というレッテルを張られた場合には、デートの約束を取り付けることも難しくなります。

  • 【5】女の子が気を遣ってしまう。

    寝不足自慢し、体調が良くないことを伝えることで、女の子が気を遣うようになります。気遣いしながらの会話は、女の子が会話を楽しめなくなる 可能性があります。

寝不足であることによって、精神的な余裕をなくします。さらに寝不足自慢によって、相手を不快にさせます。そして、不快になった相手をなだめるだけの精神的な余裕もないので、ギクシャクしたコミュニケーションをもたらします。人と会う際には、十分な睡眠が必要なのかもしれません。
Photo:All images by iStock