「最低な男だった・・・」と今でも反省している行動9パターン


恋愛は難しいものですから、失敗して反省や後悔をしている男性も少なくないはずです。では、反省しないで済むためにはどうすれば良いのでしょうか。自分の失敗だけでなく、人の失敗からも学べるはずなので、今回は『スゴレン』男性読者に「最低だった・・・」と反省している行動を聞いてみました。その調査結果を紹介します。

  • 【1】浮気をする。

    恋愛において、もっともやってはいけない禁止行為です。彼女を傷つけてしまうと同時に、「二股していたが罪悪感に耐えられなくなって、どっちとも別れた」(20代男性)など、自分を苦しめる場合もあります。恋愛に同時進行はないものと考え、一人だけを愛することが一番でしょう。

  • 【2】彼女を束縛する。

    彼女が好きだからこそ、他の男性と出かけるのを禁止するなど、過度な束縛をしてしまう場合があります。「彼女が男とメールをしていたことに腹を立てて、携帯を壊してしまった」(20代男性)のような、行き過ぎた束縛は考えものです。もっと広い心を持って、彼女を信じることが大切だといえます。

  • 【3】彼女に説教をする。

    彼女の言動に、思わず説教してしまう男性もいます。「元カノにキレて説教してしまった。今、改めて謝りたい・・・」(20代男性)と、後悔している男性も少なくないようです。怒る前に、一度冷静に考えてみると、怒るほどのことではないかもしれません。

  • 【4】彼女の前で元カノの話をする。

    彼女と過去の話などをしていて、サラッと元カノの話をしてしまうことがあります。「彼女に?元カノに会う?と嬉しそうに言ってしまった」(10代男性)というように、悪気ややましいことがないからこそ出かける報告をするのかもしれませんが、嬉しそうに話すのは控えた方が良いでしょう。

  • 【5】彼女の手料理を食べない。

    せっかくの彼女の手料理を食べなかったことを反省している男性もいるようです。「同棲中に彼女が作ってくれた朝食を?時間ないから?って食べないで家を出た」(20代男性)のように、仕事などの理由があっても、手料理を差し出されたら喜んで食べるようにしましょう。

  • 【6】付き合った途端、冷たくする。

    片思い中はアプローチするのに、?釣った魚には餌をあげない?男性がいます。「付き合うまでは押しまくってたのに、付き合えた瞬間冷めて、すぐ別れちゃった」(20代男性)など、恋愛が長続きしない原因になってしまうこともあります。片思い中も付き合い始めてからも、変わらない愛が肝心だということです。

  • 【7】好きな子にわざと冷たくする。

    好きだからこそ、わざといじわるをしてしまう小学生のような行動です。「好きな子が他の男としゃべってたから、嫉妬心からわざと冷たくした」(10代男性)という意見があるように、片思い中でありながら嫉妬してしまうことが原因といえそうです。好きな人には優しく接した方が印象も良く、片思い以上に発展する可能性もあります。

  • 【8】好きでもない女の子とデートをする。

    女の子にお願いされたから、好きじゃなくてもデートをするというパターンです。「好みじゃない子とデートして、傷つけたことがある」(20代男性)と、女の子を傷つけてしまう可能性があるため、デートをする前に断る方が、女の子のためにも、自分のためにもなるでしょう。

  • 【9】一方的に彼女を振る。

    彼女の言い分を聞かずに、メールや電話で一方的に関係を切ってしまったことを後悔している男性もいるようです。「一方的にメールで振って、その後も彼女からのメールを無視し続けている」(20代男性)という現在進行形の意見もありました。直接会って、理由をしっかり告げて別れれば、お互いにわだかまりは残らないはずです。

恋愛において、反省している男性は少なくないようです。すでに反省していることがある方も、まだない方も、恋愛で後悔しないように参考にしてみてください。また、他にも反省していることがあるかもしれません。皆さんのご意見をお待ちしています。(有竹亮介/verb)
Photo:All images by iStock