長く付き合った彼氏に対して「別れ」を意識する瞬間9パターン


どんなに長く付き合った彼女でも、自分のダメな言動のせいで、あっさり別れを決意されてしまうというのは意外とよくあることのようです。世の女性は果たしてどのような瞬間に別れを意識するのでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者に聞いた意見を参考に、「長く付き合った彼氏に対して『別れ』を意識する瞬間」をご紹介いたします。

  • 【1】嫌な習慣をやめてくれないとき

    「禁煙の誓いを破られてから信用できなくなった」(20代女性)など、彼女が嫌だと思っていることをいつまでも続けたせいで見放されるパターンです。やめられないのであれば回数を減らすなど、要望に応えようとする姿勢は見せたほうがいいでしょう。

  • 【2】「会いたい」と言われなくなったとき

    「付き合い始めのころはあんなに私に会いたがってくれたのに…」(20代女性)など、彼女を必要としているように見えなくなって、気持ちが離れていくパターンです。どんなに仕事が忙しくて恋愛どころではなくても、「会いたい」という一言があれば、気持ちを繋ぎとめておけるかもしれません。

  • 【3】愛情が重いと感じたとき

    「こちらの状況も考えずに結婚を迫られると別れたくなる」(20代女性)というように、愛情を強引に押し付けたせいで、逃げられてしまうパターンです。束縛されるほど自由になりたくなってしまうのが人情なので、情熱的な人も、ときには感情にブレーキをかけたほうが良いでしょう。

  • 【4】ケンカの頻度が増えたとき

    「たいしたことない理由でケンカをするようになったら、そろそろ潮時かなと思う」(20代女性)など、些細なケンカをきっかけに別れを意識する女性も多いようです。ケンカが増えたときは少し距離を置いて会わないようにするなど、お互いに冷静になれる状況を作るのもひとつの手かもしれません。

  • 【5】記念日に、何もしないとき

    「サプライズでも用意してるのかな?と思ってワクワクしながら待ってたのに、本当に何もなくってガッカリ…」(20代女性)など、記念日に期待を裏切ってしまい、彼女の気持ちが急速に冷めるパターンです。本来、愛情を深めるべき日に何もしないのはこちらが思う以上にダメージを与えるので、どうしても会えないときは前もって報告しておき、埋め合わせの約束をすると良いでしょう。

  • 【6】習慣だったLINEがこなくなったとき

    「昔はマメに連絡をくれたのに、いつの間にかおやすみLINEすらこなくなって、雑に扱われてるなと感じました」(10代女性)など、LINEの頻度が減ったことで、彼女に不満を抱かせるパターンです。最初のころほど熱心に連絡することはないとしても、おはようやおやすみの挨拶LINEくらいは毎日の習慣にしておきたいところです。

  • 【7】電話をしたら冷たく「何?」と言われたとき

    「寂しいから電話をしているのに彼氏に冷たく『何?』と言われたとき、コイツとはやっていけないと思った」(10代女性)など、彼女を邪険に扱うことで、交際の継続は無理だと判断されてしまうパターンです。人間なので気分に波があるのは当然ですが、どんなときでも相手がどう受け止めるのか想像しながら接するようにしたいものです。

  • 【8】ボディタッチの回数が極端に減ったとき

    「別に毎回エッチしてほしいわけじゃない。頭ポンポンみたいなことをしてくれるだけで安心するのに」(20代女性)など、スキンシップが減ったことで愛情不足を感じ、別れを意識し始めるパターンです。ただ触れているだけで心が落ち着くという女性は多いので、疲れていることを理由につれない態度を取るのは酷だと心得ましょう。

  • 【9】結婚する意思がまったく感じられないとき

    「出産可能な年齢とかを考えると、悠長なことは言ってられないと目覚めました」(30代女性)など、将来について考えることを先延ばしにしていたために、「これ以上付き合っていても意味がない!」と思われるパターンです。ある程度の年齢になると結婚に焦りを感じる女性は多いので、安心させたければ男としてけじめをつける必要はあるでしょう。

ひとつでも思い当たるフシがある人は、一刻も早く改善したほうがいいかもしれません。皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock