女の子をドン引きさせる告白のセリフ9パターン


女の子への告白はとても勇気のいることですが、思いを込めすぎたり、傷つかないように保険をかけたりすると、相手をドン引きさせてしまう恐れがあります。では、どんな告白が女の子の印象を悪くしてしまうのでしょうか。今回は女の子が実際に体験してドン引きした告白をご紹介します。

  • 【1】「ガンダムより好きだー!!」

    比べるものが間違っている上に、ロマンチックでもないパターンです。いかにガンダムを愛していようとも、女の子には個人的な思い入れは伝わりません。たとえ大切なフィギュアを女の子の目の前で壊したとしても、その重大さも伝わらないはず。自分のものさしでしか測れないような物事は持ち出すべきではないでしょう。

  • 【2】「体だけの関係でもいいから付き合って。」

    相手のことをまるで尊敬していない態度は、女の子にドン引きされてしまいます。やけくそになったり、開き直ったりすることで、思わずこういったアプローチをしてしまうこともあるかもしれませんが、何も生まないどころか、マイナスの結果にしかならないことは肝に銘じておくべきでしょう。

  • 【3】「お前は俺以外の男とは幸せになれないよ!」

    思い上がりが女の子の否定にまでつながってしまったようです。自分が女の子にふさわしい男性であることをアピールしようとしたのでしょうが、結果的に「他に幸せになる道がない女の子」として、女の子をおとしめることになってしまいました。「自分にはあなたしかいない!」といったように、自分にとっては相手が唯一の存在であることをアピールすべきでしょう。

  • 【4】「俺のこと好きなんでしょ?付き合わない?」

    ナルシストな上から目線の態度にドン引きされたパターンです。外見が良く、自信を持っていたとしても、性格に難があると思われてしまいます。自分に自信のない男性は頼りないと思われてしまいますが、自信がありすぎるのも問題かもしれません。告白は謙虚な姿勢でのぞみたいものです。

  • 【5】「俺を幸せにしてくれ!」

    自分のことしか考えていないと思われてしまうパターンです。女の子の気持ちを考えず、一方的に自分の希望だけを述べるような告白は印象が悪いようです。伝えるべきは希望ではなく、「好き」という気持ちであり、望むべきは「付き合う」の一点であることを忘れないようにしましょう。

  • 【6】「結構好きです。」

    あやふやな表現によって、心が込もっていないと思われてしまうパターンです。本当に好きなのかどうかが伝わらず、「結構って何?」と気持ちを疑われてしまったようです。「はっきり伝えて悪い結果になったらカッコわるい」という思いがあったのかもしれません。しかし、はっきり伝えないことには女の子との関係は前進しないと考えたほうがよいでしょう。

  • 【7】「僕の赤ちゃんを産んでほしい。」

    一方的な思い入れによって、先を急ぎすぎてしまったパターンです。告白された女の子は「ほとんど喋ったこともないのにドン引き!鳥肌が立ちました。」と、恐れすら抱いているようです。先のことまで考慮することは、女の子に対する本気さや計画性のアピールになるかもしれませんが、付き合うかどうかもわからない女の子にそれ以上の希望を伝えることは恐怖しか与えないと考えてよいでしょう。

  • 【8】(長々と自分の思いを語った後に)「俺たちの関係、深めてみようぜ。」

    いかに相手のことが好きか、自分がどんな気持ちなのかなど、思いを一方的にぶつけすぎてしまったパターンです。いかにそれが真摯な気持ちであっても、独りよがりの告白は「相手のことを考えられない男性」というレッテルを貼られる可能性が高いようです。告白の際は一度冷静になり、シンプルな言葉を心がけるとよいでしょう。

  • 【9】(いきなり抱きついて耳元で)「好きだよ・・・。」

    ひとりでドラマチックな演出に酔ってしまいドン引きされたパターンです。よっぽど女の子の側に好意がない限り、気持ちが悪いと思われてしまうようです。ドラマのようなシチュエーションに憧れることもありますが、告白は飾らずに自分の言葉を選ぶべきかもしれません。

やはり告白は正々堂々とストレートな言葉をぶつけたほうがいいようです。皆さんは、告白して相手にドン引きされてしまった経験などあるのでしょうか。ご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock