彼女が「私って、必要とされてるな〜」と実感する瞬間9パターン


女性と付き合っていると、その安心感からか、どうしてもなれ合いの関係になってしまうことがあります。しかしその油断が、突然別れを告げられるという事態を招くことも・・・。彼女との良好な関係を築くためには、相手が必要だというアピールが大切です。そこで今回は実際の女性の声を元に、彼女が「必要とされてるな」と感じられる瞬間をご紹介します。

  • 【1】他の人には見せない表情を見せてくれたとき

    やはり普段見せない表情を見せることは、特別な関係であることの証になるようです。「会社ではクールに振る舞っているのに、ふたりで会うときは甘えたりしたがる。」(20代女性)といったように、少しだらしない面を見せるような行為も、恋人ならまんざらでもないと思われるのかもしれません。

  • 【2】悩みごとを相談してくれたとき

    弱みを見せられることで、女性は彼氏に必要とされていると感じるようです。「こんなこと話せるのはお前しかいないんだ。」といった言葉がセットになると、彼女の必要性をさらにアピールできるでしょう。ただし、あまり頻繁に悩みを打ち明けすぎると、「グチっぽい男だ」という評価につながる恐れがあるので、注意が必要です。

  • 【3】デートの帰りに引きとめられたとき

    別れを名残惜しそうにすることで、女性は「ふたりの時間を大切に思ってくれている」と実感するようです。「もうちょっとだけ一緒にいようよ。」の一言で引き延ばされた時間は、ふたりで過ごした一日の中でも最も濃密な時間になることでしょう。

  • 【4】突然「会いたい。」と言われたとき

    約束もせずに唐突なタイミングで誘うことで、心から会いたいという思いが伝わるのかもしれません。また、「忙しいのに、平日でも時間を作って会いにきてくれるとき。」(10代女性)といった声があるように、無理をしてでも会おうとする態度は、彼女を必要としていることのアピールにつながるようです。

  • 【5】予期しないタイミングで電話やメールをくれたとき

    仕事中など、忙しい合間を縫って連絡すると、いかに彼女を必要としているかが伝わるようです。また、デート直後のメールなども、同様のアピールにつながるようです。「わざわざ」「今さら」と感じられるような連絡をマメにすることで、彼女の彼氏への印象は大きく変わるのかもしれません。

  • 【6】手伝いを頼まれたとき

    彼氏のサポートをすることは、女性の「彼氏に必要とされている」という実感につながるようです。「車の助手席で道案内をしたとき。」(20代女性)、「彼の看病をしていたら、『本当に助かってるよ。』と言われたとき。」(30代女性)など、具体的な経験を記憶している女性も多く、彼女に頼ることが単なる「甘え」にはならないことがわかります。ただし、あまり頼りすぎると甘ったれた男だと思われてしまうかもしれません。

  • 【7】「お前がいるからがんばれる。」と言われたとき

    彼女が心の支えであることをアピールすることは、女性の支持が高いようです。「仕事中に『ちょっと癒されたかった。これでがんばれる。』と言われた。」(20代女性)、「就活中の彼に『会うのを楽しみにがんばっている。』と言われたとき。」(10代女性)など、男性が多少「クサいな」と感じるようなセリフが女性に喜ばれていることがわかります。

  • 【8】ストレートに「お前が必要だ。」と言われたとき

    男性が言わなくてもわかると思っていることでも、女性は声に出して伝えられたいと思っているようです。思いを伝える際には、「お前が必要だ。」「お前がいないと寂しい。」といったストレートな言葉が好まれるので、まわりくどい言い方や大げさな言い方は避けるべきでしょう。

  • 【9】何も言わずに抱きしめられたとき

    言葉にしなくても明快な態度で示せば、女性は必要とされている実感を得られるようです。「無言で抱きついてくるとき。」(20代女性)などの声は多く、彼女を抱きしめるときは、余計な言葉などないほうが相手の心に思いが刺さるのかもしれません。口に出して「お前が必要だ。」と言えない人の場合、このくらいわかりやすいアクションで気持ちをアピールすることが大切でしょう。

皆さんの参考になるアピールの仕方はありましたか?彼女に気持ちを伝えられていないと思っている方は、ぜひトライしてみてください。また、他にも彼女が「必要とされているな。」と実感できるような言動はあるでしょうか。ご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock