浴衣姿の女の子への褒め言葉8パターン


花火大会など夏のデートにおいて、女の子が浴衣姿で現れることもあるでしょう。そんなとき、みなさんは女の子に対して、どのようなリアクションをしているでしょうか。浴衣を着てくる女の子に褒めることで、女の子のテンションが上がり、より一層、デートが盛り上がるかもしれません。そこで今回は、浴衣姿の女の子を目の前にしてもスムーズに褒めることができるように「浴衣姿の女の子への褒め言葉8パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】「よく似合っているよ!すごく似合っている!」

    浴衣が似合っていることを連呼するパターンです。感動したことをそのまま口にすることで、ストレートに浴衣姿への感動を伝えることができます。ただし、大げさに言うことで、ウソっぽく伝わる可能性があります。褒めるときも、真剣に伝える必要があるでしょう。

  • 【2】「きれいな浴衣だね。ホントに似合っているよ!」

    浴衣を観察し、浴衣の魅力についても褒めるパターンです。似合っていることを伝えるだけではなく、浴衣そのものについても褒め、「しっかりと浴衣を見た上で褒めています!」というメッセージを伝えることができます。ただし、浴衣ばかりを褒めるのではなく、似合っている本人もしっかりと褒めるように意識した方が良いでしょう。

  • 【3】「浴衣姿、きれいだね。」

    「きれい」という褒め言葉を使うパターンです。普段、心の中で「きれい」と思っても、実際に口に出す機会はないものです。浴衣姿の女の子に対しては、比較的自然に「きれい」と言えるのではないでしょうか。

  • 【4】「浴衣姿も色っぽいね。」

    「色っぽい」という褒め言葉を使うパターンです。「色っぽい」という表現は、年上の女性が浴衣を着たときに有効でしょう。「似合っている!」「きれいだね!」とテンション高く言いづらい女性に対して、活用できる表現となります。

  • 【5】「浴衣で来てくれたんだね!テンションが上がってきた!」

    浴衣を着てくれた喜びを表現するパターンです。浴衣姿の女の子を目の前にして、恥ずかしくなり、リアクションできない場合には、「喜んでくれなかった・・・」と女の子が落ち込む恐れがあります。「嬉しい!」「テンションが上がってきた!」など、感情を素直に表現することで、浴衣姿の女の子も喜ぶことでしょう。

  • 【6】「恥ずかしくて言えなかったけど・・・浴衣姿、素敵だね。」

    待ち合わせ場所で、浴衣姿を褒めることができなかったとき、デートの中盤以降において、褒めるパターンです。浴衣姿に対するコメントがないと、女の子も「似合っていないのかな・・・」と不安になるものです。そこで「恥ずかしくて言えなかったけど・・・」と素直に伝えることで、コメントがもらえなかった理由が明らかとなり、女の子の気持ちもスッキリし、テンションも上がるでしょう。

  • 【7】「正直、惚れました。」

    「惚れた」ことを素直に伝えるパターンです。ストレートな感情をそのまま伝えることで、説得力をもった褒め言葉となります。ただし、大げさ過ぎる表現となり、女の子に冗談として伝わる可能性があります。本当に告白するのであれば、別の機会にした方が良いでしょう。

  • 【8】「一番似合っていると思う。」と耳元で伝える。

    複数の女の子が浴衣姿で登場したときのパターンです。気になる女の子に対して、コッソリと伝えることで、女の子のテンションを上げることができます。ただし、女の子全員に同じことを伝えた場合、「誰でも褒める、信用できない男」というレッテルを貼られる可能性があるので、注意しましょう。

実際に言えそうな褒め言葉はあったでしょうか。みなさんのキャラクターに合った褒め言葉を活用していただければと思います。また、今回紹介した以外に、浴衣姿の女の子に対する褒め言葉があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock