恋人ができない男性の特徴8パターン


なんだかしばらく恋人ができず、寂しい思いをしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。恋人ができないのには、出会いがない、仕事が忙しい、その他様々な原因があるかもしれません。もしかしたら「自分自身の行動や振る舞い」が、恋人ができない原因となっている恐れもあります。そこで今回、彼女がいない方が自己チェックできるように、「恋人ができない男性の特徴8パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】積極的に女性に話しかけない。

    女性と話す機会が圧倒的に少ないために、恋人ができないパターンです。逆に、女性とのコミュニケーションを増やせば、デートにこぎつけるチャンスも増えるものです。また、普段から積極的に女性と会話してコミュニケーションに慣れておけば、いざという時に本来の自分の魅力を出せるのではないでしょうか。

  • 【2】「出会いがない。」と愚痴ることが多い。

    「出会いがない。」と愚痴ることで、悪印象を与えるパターンです。「出会いがない。」と連呼することで、周囲に「自分から動こうとしない男」という印象を与え、ますます女性が遠ざかる可能性があります。合コンを主催するなど、自ら出会いのチャンスを切り開く勇気が必要となるでしょう。

  • 【3】「恋人がほしい?」と連呼している。

    「恋人がほしい?」と叫び続けている男性のパターンです。このような発言を繰り返した場合、「彼女になってくれる人であれば、誰でもいい。」というメッセージとして伝わり、女性が引いてしまう可能性があります。「とにかく恋人がほしい。」というよりも、まずは「好きな人を見つける。」という姿勢の方が好感を持たれるでしょう。

  • 【4】自分の外見が戦力外だと思っている。

    自分の外見に自信が持てず、「自分なんか恋愛する資格がない・・・」と消極的になっているパターンです。自信がない男性は、魅力的には映らないものです。自信を失うことで、より一層、「恋人ができない状態」にはまってしまう恐れがあります。外見を磨いたり、仕事で成果を出したり、自信が持てるように心がけても良いでしょう。

  • 【5】人の話を最後まで聞くことができない。

    人の話を最後まで聞けない男性のパターンです。男女が恋人になる過程では、デートでの会話が必要不可欠です。女の子の話をしっかりと聞いてあげられない場合、「もっと一緒にいたい。」と思ってもらえない可能性があります。まずは、女の子の話を辛抱強く聞ける力を身につけたいものです。

  • 【6】女の子が理解しがたい趣味に没頭している。

    女の子が引いてしまうような趣味に没頭しているパターンです。お付き合いをうまく進めていくためには、自分の趣味について、相手に一定の理解を示してもらうことは重要なポイントとなります。しかし、女の子が引いてしまうような趣味だった場合、理解してもらうことが難しく、お付き合いがうまくいかない場合があります。女の子の理解が得られにくい趣味を持っている場合、自分の趣味を理解してくれる彼女を探し続ける必要があり、恋人を作る難易度はさらに上がってしまいます。

  • 【7】普段の生活が充実して、現状に満足している。

    恋人がいなくても、普段の生活は十分に充実しているパターンです。「今は彼女はいらない。」と思うことで、女の子との接触頻度も少なくなっている恐れがあります。恋人を作り、環境の変化を作り出し、今までとは違った「充実感」を得てみてはいかがでしょうか。

  • 【8】仕事が忙しすぎる。

    仕事が忙し過ぎて、女の子とデートする時間を確保することができないパターンです。いくら知り合いの女の子が沢山いても、デートすることができなければ、女の子のことを深く知る機会がなく、お付き合いに至ることが難しくなります。忙しい中でも、工夫して時間を作り、女の子とデートする時間を捻出したいものです。

該当する項目はどれくらいあったでしょうか。多くの項目が当てはまった場合、まだまだ改善すれば、ステキな恋愛が待っているかも・・・とも考えられます。また、今回紹介した特徴以外に、「恋人ができない男性の特徴」があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock