「男性にオゴってほしい」という女性の本音8パターン


女性と一緒に食事に行くとき、「支払いをどうすればいいのか」という問題は、男性にとって厄介な悩みのひとつです。女性との間柄や年齢差など、関係によって違いはあるものの、「男性が女性にオゴるべき」という風潮は根強く、これに対して違和感を覚える男性は少なくないと思います。そこで今回は、『オトメスゴレン』読者の女性を対象に、アンケートを実施。「男性にオゴってほしい理由」について、女性たちの本音をご紹介します。

  • 【1】男性は食べる量も飲む量も多いので。

    女性に比べて体も胃袋も大きい男性は、飲み食いする量も女性より多いのが普通です。「たくさん食べたほうが多く支払うのはあたりまえ。」(20代女性)、「お酒が苦手でカクテル1杯程度しか頼まないわたしと、何杯も飲む男性が割り勘なのはありえない。」(20代女性)というように、女性側に「不平等感」がある場合は、たとえ男性が完全にご馳走しなくても、「多めに支払う」ことで円満な解決が望める可能性があります。

  • 【2】男性のほうが高収入な場合が多いので。

    必ずしもそうだとはいえませんが、一般的に多そうなケースです。「自分より年上で、お給料も高そうな男性から『割り勘で』と言われるとドン引き。」(20代女性)、「賃金格差を考えずにお金を出すことを要求されると、『想像力のない人だなあ』と思う。」(20代女性)など、「女性の経済力への配慮」が問題視されているようです。女性にいくらか出してほしいとお願いする場合は、相手の懐具合を十分に思いやる必要がありそうです。

  • 【3】男性側から誘った場合は、オゴるのが前提だと思うので。

    これは、ふたりの関係の近さによると思われます。「誘われて『まあ、いいか』ぐらいの気持ちで応じたデートだったのに、きっちり割り勘を請求されるとテンション下がります。」(20代女性)、「毎回オゴってほしいわけじゃないけど、最初ぐらいは特別扱いして、気合を見せてほしい」(10代女性)というように、「そんなに親しくないタイミングに、男性から声をかけたデート」では、男性が支払いを負担したほうが無難かもしれません。

  • 【4】女性は身だしなみにお金がかかるので。

    今回、もっとも多かった意見です。「髪、爪、メイク、洋服、靴、バッグ。女性の身だしなみは、タダではメンテナンスできません。自分の彼女がきれいになっていく姿を見たかったら、デート代は負担したほうがいい。」(20代女性)、「美容やおしゃれをがんばって、自分に磨きをかけた女の子と一緒に過ごすのだから、カンパだと思って多めに払ってほしい。」(20代女性)、など、「きれいなわたしと一緒にいたかったら、それなりのコストは覚悟すべき」という言い分のようです。

  • 【5】ケチケチしないほうが男らしいので。

    たしかに、「ケチケチしている男性に好感が持てる」ということは少ないと思いますが、「10円、1円単位まで割り勘にしようとする男性は、すごく器が小さく見える。」(20代女性)、「30代後半で、100円単位のお釣りをさらに半分にして返してくるような男は2度と顔を見たくない。」(30代女性)など、程度の問題だと思われます。結局のところ、「好きな女の子には、無理をしてでもご馳走するぐらいの心意気があってほしい。」(10代女性)というように、実際の経済力ではなく、気構えの問題だといえそうです。

  • 【6】会計時にはスマートに振舞ってほしいので。

    さて店を出ようかというその瞬間、男性の言動や行動を、女性は厳しくチェックしています。「せっかく楽しく盛り上がっていたのに、『じゃあ○○円ずつね。』といきなりお金の話になったら興ざめ。」(20代女性)、「礼儀としてお財布も出すし『いくら?』と聞くが、『いいよ』とスマートにお会計してくれたら、今後もつきあっていきたいなあと思う。」(30代女性)など、支払いについて意識させない身のこなしが好印象だとされるようです。

  • 【7】男性にはリードしてほしいと思うので。

    多数派ではなさそうですが、熱弁を振るう人が少なくなかった意見です。「『美味しい店を見つけたから食べに行こう。』と連れ出してくれて、お金もササッと支払って、『次は夜景でも見に行く?』みたいに、グイグイ引っ張ってくれる男性が好き。」(20代女性)、「男性にはメンツがあるし、女は一歩下がってついていくものだと思うので、デートの財布も男性持ちなのが自然。」(20代女性)など、「男性上位」な付き合い方を好む女性に多い思考パターンのようです。

  • 【8】自分に対する真剣さの証明だと思うので。

    これも非常に多かった意見です。「あたりまえのように割り勘を持ちかけられると、『女扱いされてないなあ。』とガッカリ。」(30代女性)、「金額は小さくても、オゴってもらうと『大切にされている』と感じます。」(10代女性)など、「自分をどれだけ思っているかのバロメーター」だと考えることが多いようです。「『出してくれた金額=自分に対して認めている価値』だと思います。」(20代女性)というシビアなコメントも。結局のところ、「わたしを大事に思うなら、お金ぐらい出せるでしょ。」というのが、世の多くの女性の本音なのかもしれません。

いかがでしたか?納得のいく理由はあったでしょうか?女性のタイプや当事者同士の関係によって、ほかにもさまざまな考え方があるかと思いますが、とりあえず今回の「女性たちの本音」を参考にしていただけたらと思います。皆さんのご意見をお待ちしています。(松田久美子)
Photo:All images by iStock