片想いをしている男性から言われて、女の子が落ち込んでしまう瞬間8パターン


片想い中、好きな人からの些細な一言によって、ショックを受けたことのある方もいらっしゃると思います。もしかしたら、自分自身の些細な一言によって、好意を寄せてくれている女の子に対して、逆にショックを与えているかもしれません。では実際に、どのような一言によって、片想い中の女の子は落ち込んでしまうのでしょうか。そこで今回、「片想いをしている男性から言われて、女の子が落ち込んでしまう瞬間8パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】好きな人から、「恋人作りなよー。」と言われた瞬間

    恋人を作ることを勧めることで、女の子を落ち込ませてしまう一言です。言われた女の子が「自分は恋愛対象として見られていない」と思うするようになります。女の子を落ち込ませないために、「好きな人はいるの?」という質問など、女の子に興味を持っていることが伝わるような一言の方が良いのかもしれません。

  • 【2】「何でも話せる友達だよ!」と良い友達であることをアピールされた瞬間

    気軽に話をする関係にある女の子に言ってしまう一言です。色々なことを話すことは嬉しいと思われているようですが、「友達だよ!」という一言によって、女の子が「自分は恋愛対象外である」と思い、落ち込む恐れがあります。「一緒にいると居心地が良い。」などの表現の方が、女の子が喜ぶ可能性があります。仲の良い女の子から、好意を寄せられている場合もあるので、注意したいところです。

  • 【3】「アイツはどう?良い男だよ。」と他の男性を薦められた瞬間

    女の子に他の男性を薦める一言です。恋人のいない女の子に対する優しさが、逆に落ち込ませる結果となる恐れがあります。一方的に薦めるのではなく、まずは「好きな人はいるの?」という質問から入り、女の子の本音を聞き出そうとする態度の方が、ショックを与えずに会話を楽しむことができるでしょう。

  • 【4】「スポーツをやっている女の子がタイプ」など、好きなタイプが自分とまったく当てはまらなかった瞬間

    好みのタイプを聞かれたとき、相手の女の子にまったく該当しないタイプを答え、ショックを与えるパターンです。好みのタイプが女の子とかけはなれているタイプだった場合、「私は恋愛対象ではない」と確信し、落ち込んでしまうでしょう。好みのタイプを聞かれたときには、様々な女の子に当てはまる表現を使った方が良いでしょう。

  • 【5】結婚式などのイベントへの出席を伝えたとき、「出会いのチャンスだね!」と喜ばれた瞬間

    出会いのチャンスがあることを喜ばれることで、女の子が落ち込むパターンです。新しい出会いがあることを喜ばれることで、「自分に対する興味がない・・・」と実感する女の子もいます。結婚式などのイベントに参加する女の子に対しては、出会いに対して触れることなく、「楽しんできてね!」などのイベントを楽しむことについてコメントした方が良いでしょう。

  • 【6】「好きになってくれる人、きっといるよ。」と褒められた瞬間

    「好きになってくれる人はいない・・・」と落ち込んでいる女の子に対する一言です。女の子には「あなたに好きになってほしい!」という本音があり、励ましの言葉として受け止めることができず、落ち込んでしまう恐れがあります。「自分から好きになったりしないの?」など、前向きなコメントをすることで、会話が盛り上がる可能性があります。

  • 【7】「当分は恋愛できそうもない。」と宣言された瞬間

    恋愛する気がないことをストレートに伝える一言です。この一言によって、女の子は「自分がいくらアプローチしても無駄なのかもしれない・・・」と思い、落ち込んでしまう恐れがあります。恋愛に対する関心の低さは、男性同士で共有し、女の子の耳に入らないようにした方が良いでしょう。

  • 【8】デートに誘っても、「みんなで行きたいね。」と遠まわしに断られた瞬間

    女の子からのデートの誘いを断るパターンです。勇気を振り絞って、誘ったにも関わらず、「みんなで行きたいね。」と遠まわしに断られることで、女の子が落ち込んでしまう可能性があります。しかし、無理してデートの誘いを受けることに比べれば、誠意のある対応なのかもしれません。

自分に好意を寄せている女の子に対して、言ってしまったセリフはあったでしょうか。何気ない一言によって、女の子を落ち込ませている可能性があるので、言い回しには注意したいものです。また、今回紹介した以外に、片想いをしている女の子が落ち込んでしまう瞬間があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock