彼女が「大切にされてないかも...」と感じる瞬間9パターン


「二人はもう恋人同士だから」といって、彼女を大切にすることを怠ってはいけません。油断をしていると、「もっと私を大切にしてくれる人が現れたから・・・。」と別れを突きつけられることもあり得ます。ではどんな場面で彼女は「大切にされていない」と感じるのでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者に「どんなときに、彼から大切にされていないと感じますか?」というアンケートを実施。その結果をまとめてみました。

  • 【1】彼女の自宅まで送り迎えをしなくなったとき

    付き合いが長くなり、彼女の送り迎えが面倒になってしまう人もいると思います。その「面倒だ」と思う気持ちは彼女にも自然と伝わってしまうもの。彼女を想う気持ちがあるなら、できる限り送り迎えをしてあげた方がいいでしょう。

  • 【2】忙しいと言って、なかなか会ってくれないとき

    仕事の忙しさを理由に会わない日が続くと、彼女に「私よりも仕事が大切なんだ・・・」と思われてしまう可能性があります。いくら忙しいといっても、好きな人のために時間をつくることはできるはず。忙しいと言う前に、時間をつくる努力をしてみてはいかがでしょうか。

  • 【3】電話の受け答えが面倒くさそうだったとき

    少しでも好きな人の声を聞きたいという気持ちで電話したのに、彼から「なに?」「何の用事?」「今忙しい」などそっけない返事をされて傷ついている女性もいるようです。特に用事がないのに電話してくることを嫌がる男性も多いですが、そんなときも、彼女の「話をしたい」「声を聞きたい」という気持ちに感謝するようにしましょう。

  • 【4】特に理由もないはずなのに、メールの返信が遅いとき

    彼が仕事を終えて家に着いている時間帯や休日など、すぐメールを返せるタイミングを選んでいるのに、なかなか返信してくれなくなったとき「大切にされてないのかな・・・。」と女性は感じてしまうようです。急ぎの用事ではなくても、メールを待っている彼女を思いやって、なるべく早く返信するように心がける方がいいでしょう。

  • 【5】あいづちが適当で、話を聞いていないと感じたとき

    「へー。」「そうなんだー。」「ふーん。」など適当なあいづちをしていると、彼女に話を聞いていないと思われてしまいます。また、彼女に「話聞いてた?」と問い詰められ、そこからケンカに発展することもあるかもしれません。彼女の話はしっかり聞くようにしましょう。

  • 【6】誕生日、クリスマス、元旦など特別な日なのにメールが来なかったとき

    彼女は口に出さないかもしれませんが、記念日には彼からメールが来ることを期待しています。それに気付かずに何もしないと、二人で記念日を楽しみたいと考えていた彼女の気持ちを裏切ることになってしまうので注意しましょう。

  • 【7】彼女の前で、嬉しそうに他の女の子の話をしたとき

    彼女の前で嬉しそうに他の女の子の話をすると「私はどうでもいい存在なの?」と思われてしまうかもしれません。なぜなら、多くの女性は、好きな女性の前で他の女性の話を楽しそうにする男性は少ないと考えているからです。彼女との会話中に、他の女の子の話をするは控えた方がいいでしょう。

  • 【8】両親や友達に彼女として紹介してくれないとき

    両親や友達など大切な人に紹介してもらえないと「私とは一時的に付き合っているだけ?」と思われてしまうこともあるようです。彼女と真剣な付き合いをしているなら、両親や友達にも紹介した方がいいかもしれません。

  • 【9】ケンカしてその場から離れていったのに、追いかけてくれなかったとき

    ケンカして彼女がその場から離れるときは、気持ちのどこかで「心配して追いかけてほしい」と思っているようです。その気持ちを無視して放置してしまうと、「私のことなんてどうでもいいんだ・・・。」と思われてしまいます。

みなさんにも思い当たる行動はありましたでしょうか? 彼女と付き合う前や付き合った直後の気持ちを持ち続けることが大切なのかもしれませんね。また、今回ご紹介した以外にも彼女に「大切にされていないかも・・・」と思われてしまう瞬間があると思います。みなさんからのご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock