女性が「まじめに話を聞いていない」と思う瞬間9パターン


気のない相づち、生返事。男性が適当に話を合わせているとき、女性は意外と冷静にその様子を観察しています。そこで今回は、『オトメスゴレン』読者の女性を対象に、アンケートを実施。女性が男性に対して「まじめに話を聞いていない」と思うのはどんなときなのか、調査結果をまとめてみました。

  • 【1】相づちの「間」がおかしいとき。

    「こちらの語尾にかぶせるように『うんうん』とか言われると、最後まで聞く気がないんだなあと思う。」(20代女性)、「相づちを打つのが早かったり遅かったりすると、会話がかみ合っていないと感じる。」(20代女性)など、「間」に関する意見が寄せられました。「ちゃんと話を聞いていれば、『あうんの呼吸』で返事があるはず。」(30代女性)という指摘もあり、「相づちは、ただ打つだけではなくタイミングが重要」だと思い知らされます。

  • 【2】相づちの言葉に気持ちがこもっていないとき。

    「『へえ』『そうなんだ』『たしかに』などのせりふを、棒読みっぽく繰り返しているときは間違いなく話を聞いていない。」(20代女性)、「相づちが『なるほどー』ばかりのときは要注意。同意も否定もせず、聞いているふりをするときの常套句。」(20代女性)というように、「口先だけの言葉」に女性は敏感です。たとえ興味の持ちにくい話題でも、何回かに一回は、「そうなんだ、それで?」と聞き返すなど、変化をつけてみると、受け手の印象が違ってくるかもしれません。

  • 【3】ケータイをいじったり、よそ見をしているとき。

    これはあからさまに、「話を聞いていない」のがわかる例かもしれません。「メールを打ったり、メニューを読んだり、ほかのことに意識が向いているのが丸見えだと、『まじめに聞いてよ!』と言いたくなる。」(10代女性)「真剣に悩みを相談しているのに、ふと相手の手元を見たらケータイでゲームをしていた。ガッカリするのを通り越して、怒りを覚えた。」(20代女性)など、不興を買うだけでなく、敵意を抱かれる恐れがあるので、注意したほうがよさそうです。

  • 【4】曖昧にニコニコされたとき。

    「わたしにとっては笑えない内容なのに、ずーっとニコニコされ通しだと、『愛想がいいのもいい加減にして!』と言いたくなる。」(20代女性)、「親身になって聞いてくれたり、困っているときに助けてくれるわけではないのに、笑みを浮かべて『いい人』ぶる男は腹黒いです。」(30代女性)など、「微笑み」が警戒されることもあります。朗らかな態度で周囲を明るくすることが得意な男性も、会話のトーンによっては、表情を使い分ける必要がありそうです。

  • 【5】視線が合わないとき。

    「遠くを見ながらうなずいているときは、『わたしの話に興味がないのかな』と思う。」(10代女性)、「目を合わせずに、適当に『ふーん』と返されると、話している内容がつまらないというよりも、わたしのことが嫌いなんだろうと感じる。」(20代女性)というように、視線を合わせないという態度は、不誠実な印象を与えるだけでなく、女性を傷つけている場合があります。そのつもりがないのに相手に嫌な思いをさせてしまうことがないように、視線のやり場には気をつけましょう。

  • 【6】興味がなさそうに自分の言葉を復唱されたとき。

    「『○○って言われたの。ひどいでしょう?』と愚痴ったら、『○○って言われたんだー。ひどいよねー』みたいなやり取り。一見、会話が成立しているように見えるので、余計にイライラ。」(20代女性)、「『どう思う?』と聞いたら、『どうだろうねー』と返されたとき、質問してるのはこっちだよ!と突っ込みたくなった。」(20代女性)というように、相手の神経を逆撫でするパターンです。まじめに聞いていることのアピールとして、言葉を復唱するやり方はありますが、その場合もほどほどにしておいたほうが無難です。

  • 【7】いま話した内容を覚えていなかったとき。

    「延々と悩み事を打ち明けたうえで、『どうしたらいいかな?』とアドバイスを求めたら、ものすごく的外れなことを言われた。全然話を聞いてなかったんだなあと脱力した。」(20代女性)、「それってさっきも言ったよね、みたいなことばっかり聞かれると、もう話をしたくなくなる。」(10代女性)など、「ちゃんと聞いていたらわかるはずなのに!」という怒りを買うケースです。相手に何か助言したり、質問したりするときには、見当違いなことを言おうとしていないか、よく考えてから口に出すようにしましょう。

  • 【8】いきなり話題を変えようとされたとき。

    「まだしゃべっている途中なのに、『ふーん、そうなんだ。でさあ・・・』と、話を遮られた。あまりのことに驚いて、そのときは何も言えなかったが、あとからだんだん悔しさがこみ上げてきた。」(20代女性)、「いきなり全然違う話題を振られて、『いままでわたしが話していたことは何?』と愕然。この人には二度と真剣に話をするまいと決意した。」(30代女性)など、「失礼」だと判断される対応です。自分が話したいことを聞いてほしいときには、相手が一通り話し終わるのを待ってから切り出すのが大人のルールです。

  • 【9】一生懸命話しているのにあくびをされたとき。

    いくらなんでもひどい態度ですが、意外と多くの人から体験談として寄せられた回答です。「あくびしたあと、『で?』と言われたとき、わたしは生まれて初めて『チッ』と音を立てて舌打ちをした。」(20代女性)、「眠かったのかもしれないけど、それでもやっぱりあくびはないと思う。」(10代女性)というように、もはや「問題外」の振る舞いです。実際に眠気を我慢できなかったり、話が長くて退屈するようなこともあるかもしれませんが、あくびだけはNGだということを、肝に銘じておきましょう。

いかがでしたか?身に覚えのあるものはありましたか?男性のキャラクターや女性との関係によって、ほかにもさまざまな「まじめに聞いていないとき」の振る舞いがあると思います。皆さんのご意見をお待ちしています。(松田久美子)
Photo:All images by iStock