東京ディズニーランド・シーでのデートで相手を嫌いになった瞬間8パターン


カップルで東京ディズニーランド・シーへ。ふたりで出かける時間は、いつだって特別ですが、行き先が東京ディズニーランド・シーなら、そこが「夢の国」だけに、なおさらスペシャルなデートです。ふたりとも気合十分で臨んだはずが、いざ到着してみたら、「こんなはずじゃなかった。」と思うような事態に遭遇して・・・。意外と多い、東京ディズニーランド・シーでのトラブル。そこで今回は、『オトメスゴレン』読者の女性を対象に「東京ディズニーランド・シーでのデートで相手を嫌いになった瞬間」に関するアンケートを実施。世の女の子たちの本音を集めてみました。

  • 【1】待ち時間が長くて不機嫌になったとき。

    人気アトラクションが目白押しの東京ディズニーランド・シーだけに、もっとも多かったのがこの回答です。「並んでいるうちに間が持たなくなって、険悪な雰囲気に。」(20代)、「イライラして当り散らす彼、ちょっと幻滅。」(20代)、など、待ち時間を楽しめない彼氏にがっかりする声が多数寄せられました。さらに「行列ができるアトラクションは全部拒否!」(10代)というケースもあり、女の子のうっぷんは溜まる一方のようです。

  • 【2】プランを丸投げにされたとき。

    特別な一日なのに、主体性のない彼氏の態度。この日のデートを楽しみにしていた彼女が、面白いはずがありません。「次に乗るアトラクションから食事をどうするかまで、全部こっち任せ。最後にはこの人と来たのが間違いだと思った。」(10代)、「入手困難なチケットを用意していたのに、その価値をぜんぜんわかっていなかった。」(20代)というように、ふたりの気持ちに温度差があると、トラブルのもとになりかねません。

  • 【3】気分をブチ壊しにするようなことを言われたとき。

    東京ディズニーランド・シーは夢の国。それなのに・・・。「キラキラと光るパレードをウットリした気分で眺めていたら、彼氏が『あれ、発光ダイオードだよね。』と普通のテンションでつぶやいた。一気に魔法が解けた!」(30代)、「『次はこういう展開で・・・』といちいち先まわりして説明する彼、なんと元バイト!」(20代)など、せっかくの楽しい気分を台無しにされた女の子は、後々まで根に持っていることが多いので、ご注意を。

  • 【4】絶叫系のアトラクションが駄目だと知ったとき。

    絶叫マシーンが苦手な男性は意外と多いもの。女の子たちだって、それを理解しないわけではありません。ただ、「ほかの遊園地ならまだしも、東京ディズニーランド・シーの乗り物でも駄目なんて、子どもかよ!」(20代)という手厳しい声もあります。また、「ジェットコースター類がNGの彼、無理してスペースマウンテンに乗ったあと、40分間トイレから出てこなかった。」(20代)など、気まずい展開は避けたいものです。

  • 【5】自分には何も買ってくれないのに、お土産選びに夢中だったとき。

    誤解を招きがちですが、決して「何か買ってほしい」ということではないのです。「入場するなり、真っ先に職場へのお土産を購入。1時間以上ほったらかしにされて、出鼻をくじかれた気分。」(30代)、「親戚の子どもが喜びそうなおもちゃ選びに振り回され、わたしの喜ぶ顔は二の次なんだと思った。」(20代)など、一緒にいる彼女への配慮が足りないと、「わたしにも記念品ぐらいプレゼントする気はないの?」という不満につながっていくのです。

  • 【6】楽しくなさそうな顔をされたとき。

    東京ディズニーランド・シーが『夢の国』とはいえ、そのノリについていけない男性がいるのも事実です。しかし、「行列に疲れて、『待っているからひとりで行ってくれば?』とベンチに座り込んだ彼。それじゃあ一緒に来た意味がない。」(20代)、「だんだん口数が少なくなって、やっとしゃべったと思ったら『まだ帰んないの?』って、最悪です。」(30代)など、楽しもうとする彼女の気持ちに水をさすようなことをしてはいけません。

  • 【7】ひとりでやたら張り切られたとき。

    楽しくなさそうな彼氏も問題ですが、楽しみすぎる彼氏にもまた、別の問題があるようです。「雰囲気に興奮するあまり、スタスタと一人で先に行ってしまい、人ごみで見失った。」(20代)、「キャラクターとかアトラクションに詳しすぎて、説明がウザイ。かなり引いた。」(10代)など、ワクワクする気持ちはわかりますが、相手のペースを考えない振る舞いは考えものです。

  • 【8】すぐにスタミナが切れたとき。

    敷地が広い東京ディズニーランド・シーは、歩くだけでもかなりの体力を消耗します。それゆえ、「『疲れた。』と連発されて、怒ったら喧嘩になった。」(10代)、「片道3時間もかけて来たのに、着いて2時間で『出よう。』だなんて!」(20代)といったトラブルは少なくありません。スタミナ切れを感じたら、こまめに休憩を取るようにしましょう。東京ディズニーランド・シーならではの軽食でも、ふたりで頬張れば、きっと楽しいエネルギーが蘇ってくるはずです。

いかがでしたか?心当たりのある振る舞いや態度などはありませんでしたか?いくら東京ディズニーランド・シーが特別な場所だとはいえ、その日のコンディションによっては、いまいち楽しめないこともあるでしょう。しかし隣にいる彼女への配慮は忘れたくないものです。皆さんのご意見をお待ちしています。(松田久美子)
画像は「東京ディズニーランド ミュージックアルバム [Soundtrack]」より
Photo:All images by iStock