手作りチョコが美味しくなかったときのリアクション5パターン


女の子からの手作りチョコは嬉しいものです。しかし、「手作りしたチョコがまずい」という可能性があります。そんあとき、どのようなリアクションを用意しておけば良いのでしょうか。今回は、皆様のリアクションの参考にして頂くため、「手作りチョコが美味しくなかったときのリアクション5パターン」をご用意させて頂きました。

  • 【1】「美味しいよ。」と無理やりリアクションする。

    無理やり「美味しいよ。」と褒める基本パターンです。言葉だけではなく、表情も意識する必要があります。「目は口ほどに物を言う」という言葉を思い出し、「目」についても「美味しいよ。」と伝わるような演技力が必要となります。

  • 【2】「作ってくれて、嬉しいよ。ありがとう。」と感謝を述べる。

    味についての感想は述べず、「作ってくれた」という事実に対して感謝するパターンです。「ありがとう。」という言葉は、女の子を喜ばせる重要なキーワードです。しっかりと伝えてあげましょう。また、「味」に関する感想ではないので、ウソをつく必要がなく、堂々とした態度で臨むことができます。

  • 【3】「時間かかって、大変だったでしょ。ありがとう。」と過程を褒める。

    お菓子を作ることは大変な作業です。従って、女の子が手作りチョコを作った過程について評価し、感謝を伝えましょう。「時間かかって、大変だったでしょ。」という手間に関するリアクションに加えて、しっかりと「ありがとう。」「嬉しいよ。」と感謝の気持ちを表現しましょう。「美味しいよ。」などのような「味」に関するリアクションを避けるができる表現となります。

  • 【4】「綺麗に仕上がっているよ。」「ラッピングも綺麗だね。」と味以外について褒める。

    味については言及せず、見た目について褒めるパターンです。チョコ自体の形や色、ラッピングについてなど「味」以外の要素について褒めてあげましょう。褒めることができる部分を見つける能力は、女の子との関係を良好にする上でも必要な能力となります。必至に褒めポイントを探せば、きっと「味」以外に魅力的な部分があるはずです。

  • 【5】「また今度作ってよ。」と締めくくる。

    恐らく、女の子も自分の作ったチョコが美味しくないことを認識しています。そのような女の子に対して、男性からダメ出しをした場合、女の子のトラウマとなり、手作りお菓子に対して苦手意識を植え込む可能性があります。そこで、女の子に勇気を与えるために、次回のチャンスを与えるべく、「また今度作ってよ。」とコメントしてあげましょう。失敗した部下に対して、もう一度チャンスを与え、部下のモチベーションを上げるマネジーメント手法と同様に、女の子に対しても、挽回するチャンスを与え、お菓子作りに対するモチベーションを向上させてあげましょう。

女の子の手作りチョコやお菓子が美味しくなかったとき、皆様はどのようなリアクションを心掛けているでしょうか。皆様の秘策も是非教えてください。
Photo:All images by iStock