「ついにモテ期が来た!」と実感している男性が自己分析する、変化のきっかけ9パターン


「誰でも人生に3回はモテ期がくる」という説がありますが、実際に何らかの「変化」をきっかけとして異性から好印象を持たれるようになり、恋愛のチャンスが増えた人は多いようです。そこで今回は『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「『ついにモテ期が来た!』と実感している男性が自己分析する、変化のきっかけ9パターン」をご紹介します。

  • 【1】ダイエットと筋トレで肉体改造をした

    「体重を20kg落としたら人生が楽しくなった」(20代男性)など、極端に太っていたり痩せすぎたりしている男性は、体型を整えるだけで周囲の反応がガラリと変わるようです。地道なトレーニングが必要ですが、自信が出ることで性格が明るくなる効果も見逃せません。

  • 【2】サークルの代表など、責任ある立場や役職に就いた

    「大勢の前で話をしたり、リーダーシップを発揮する機会が増えた」(10代男性)など、影響力のある立場に就くことで、頭ひとつ抜けた「目立つ男性」になれるようです。ただし、むやみに権力を誇示するのはNG。優しく頼り甲斐のあるリーダーを目指したいものです。

  • 【3】服装や髪型など、身だしなみに気をつけるようになった

    「今までが無頓着すぎた」(20代男性)という意見のように、ファッションに興味がなかった男性が身だしなみに気を配ると、周りの女性の見る目が変わるようです。頑張ったオシャレをする必要はなく、清潔感を心がけるだけでも効果はあるでしょう。

  • 【4】「彼女を作る」という気持ちを一回忘れて無心になった

    「女性と話すときも、変に構えないようになった」(20代男性)など、彼女がほしくてガツガツしていた男性は、自然体になったことで女性と親しくなれることもあるようです。恋人がほしい気持ちをグッと抑えて無欲に振る舞うことが、周囲の女性に安心感を与えるのかもしれません。

  • 【5】仕事を全力で頑張るなど、自分に自信がもてるように努力した

    「自然と態度にも余裕が出てきた」(20代男性)という意見のように、「自分に自信があること」は魅力的な男性の共通点です。仕事や勉強など、やるべきことに全力投球して成果を出すことで、一人前の男性としての貫禄が出てくるのかも知れません。

  • 【6】自分から積極的に女性に話しかけ、笑わせることを心掛けた

    「友達が増えたら、出会いも増えた」(10代男性)など、女性と交流する機会を増やすことは、恋愛へ至る近道です。自分から女性に話しかけることはその第一歩。その際、ちょっとしたユーモアで相手を笑わせることを心がければ、良い印象を持ってもらえるはずです。

  • 【7】素直な感情を表に出して、自己表現をわかりやすくした

    「男は無口がカッコいいと思ってた」(20代男性)など、あまり感情を表に出さない男性は、周囲から「よくわからない人」と思われてしまうようです。嬉しい、悲しいといった気持ちを素直に表現することで、その感情に共感してくれる女性と親しくなれそうです。

  • 【8】女性の多い職場や学校に通うなど、環境が変わった

    「単純に知り合う女性が増えまくった」(20代男性)など、女性が多くいる環境に飛び込んでいくことで、恋愛のチャンスは増えるようです。職場や学校に出会いがなければ、趣味のサークルに参加するなど、自分から環境を変える努力もしたいところです。

  • 【9】休日に自宅に引きこもるのをやめて、外出するようにした

    「友達に遊びに誘われたら必ず行くようにした」(20代男性)など、恋愛のチャンスを見つけるためには、外で活動することが不可欠です。軽いフットワークで色々な場所へ出かけていくことで、気になる異性との出会いがあるかもしれません。

ほかにも、「『ついにモテ期が来た!』と実感している男性が自己分析する、変化のきっかけ」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock