女の子の気持ちが冷める言動7パターン


ある日突然途絶えてしまった女の子からの連絡。もしかしたら、「女の子の気持ちが冷めてしまった」ことが原因なのかもしれません。一体、どのような言動が、女の子の気持ちが冷めるキッカケとなるのでしょうか。そこで今回は、「女の子の気持ちが冷める言動7パターン」をご紹介させて頂きます。

  • 【1】自分の話ばかりする。

    自分を売り込むことは大切です。しかし、自分の話ばかりでは、女の子は話を聞くことに疲れてしまいます。中には、女の子の話を聞いても、すぐに自分の話にすりかえる男性もいるようです。話を押し付けるようなコミュニケーションは控え、まずは女の子の話を聞くことを心がけてみてはいかがでしょうか。

  • 【2】知人や友人について話をするときに、必ず出身大学や所属企業から話す。

    学歴や所属企業に対してプライドを持っている男性やコンプレックスを感じている男性に多い傾向です。出身大学や所属企業は、今までの「努力」を図る上で、参考になる指標かもしれません。しかし、そのようなことに全く興味がない女の子には、価値観を押し付けられているように映り、女の子の気持ちが冷めてしまう場合があります。

  • 【3】実績を残した人に対して、「なんであんな奴が...」と妬む。

    「なんであんな奴が...」と妬むことで、女の子が「小さい男。」だと感じ、気持ちが冷めるキッカケとなる可能性があります。実績を残した人に対しては、例えば「結果にはプロセスが伴うから、きっとすごく努力したのだろうね。」など、相手を認めるようなコメントをしてみてはいかがでしょうか。

  • 【4】デート中、女の子の友人を「かわいい。」と褒める。

    デート中、女の子の友達を褒めるパターンです。折角のデートなのに、ほかの女の子を褒めることで、「この人は私に興味がないのかもしれない。」と感じ、女の子の気持ちが冷めてしまう可能性があります。

  • 【5】友人の悪口を言う。

    友人に対する悪口は、決して良い印象を与えません。特に女の子にとって大切な友人に対して、悪口を言った場合には、女の子を敵にまわしてしまう可能性があります。

  • 【6】真剣な話をしている最中にケータイに出て、話をする。

    真剣な話の途中でケータイに出た場合、女の子は「自分の話を真剣に聞いていないのでは?」という不安を感じ、気持ちが冷めるキッカケとなる可能性があります。緊急事態の用件以外は、「いまちょっと取り込み中だから。後で。」と一言言って、電話を切る対応が理想的でしょう。

  • 【7】お年寄りや子どもに対して暴言を放つ。

    お年寄りや子どもに対しては、親切に接するようにしましょう。お年寄りや子どもに暴言を吐く姿は、将来の自分や自分の子どもに対する接し方を見るようで、一瞬で冷めてしまう可能性があります。

みなさんが考える「女の子の気持ちが冷める言動」とはどのようなものがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(山場ヤスヒロ)
Photo:All mages by iStock