女の子が「キュン」とする卒業アルバムの寄せ書きコメント9パターン


卒業式が終わった後、気になる女の子のアルバムに寄せ書きをするチャンスがくるかもしれません。そこで今回は、オトメスゴレンの女性読者のみなさんに、どんな寄せ書きに「キュン」とした経験があるのか聞いてみました。

  • 【1】女の子を見ていたことをアピールする「部活、頑張ってたね。」

    「見ていてくれたんだなと思って嬉しかった。」(10代女性)のように、何かに頑張っていたことを見てくれていたことに女の子は感動するようです。温かく見守ってくれていたことを知った女の子は、書いてくれた男性を意識するようになるのかもしれません。

  • 【2】女の子に対する好意をにじませ、感謝する「○○のおかげで学生生活が楽しかったよ。」

    「自分と一緒にいた時間に感謝されて感動した。」(10代女性)のように、女の子のおかげで楽しかったと感謝されたことを嬉しく感じるのでしょう。女の子に好意を持ち続けていたことも、それとなく伝えることができそうです。

  • 【3】これからが始まりだとアピールする「まださよならじゃないぜ! これからもよろしく!」

    「『さよならじゃないぜ!』の言葉にキュン!」(20代女性)のように、お別れムードが漂う卒業式だからこそ、さよならを否定する言葉は女の子の胸に刺さるようです。女の子は書いてくれた相手とのこれからの関係を期待するでしょう。

  • 【4】別れを惜しむ「もっと早く出会いたかったな。」

    「好意を寄せられるのは、悪くない。」(10代女性)のように、別れを惜しむメッセージは好印象のようです。女の子も同じ気持ちなら連絡を取り合う仲になれるかもしれません。

  • 【5】あらためて女の子を褒める「笑顔がいい! いつも元気もらってた。」

    「そんな風に見てくれていたんだ…と感動する。」(10代女性)のように、女の子のいいところをめいっぱい褒めるメッセージにもキュンとするようです。女の子は自分の良さに気づいてくれた男性として意識するようになるかもしれません。

  • 【6】覚えていて欲しいという願いを込めた「俺のこと忘れるなよ!」

    「『私のことも忘れないで!』っていう気分になる。」(10代女性)のように、お互いに忘れないでいたいという気分になるようです。忘れないように連絡を取り合うようになれば、ずっと仲良しでいられるでしょう。

  • 【7】最後の望みをかけてメルアドを入れた「実は、いいなって思ってました。もし、気が向いたら連絡してください。」

    「私も気になる相手だったので、連絡しました。」(10代女性)のように、自分の気持ちと連絡先を書き込めば、連絡を取り合えるかもしれません。最後の望みをかけ、勇気を振り絞って書いたメッセージは、きっと女の子の心にも響くのでしょう。

  • 【8】女の子を応援する「大変なこともあるかもしれないけど、一緒に頑張ろう。」

    「離れていても一人じゃない気がして嬉しい。」(10代女性)のように、女の子の未来を応援するメッセージも喜ばれるようです。「一緒に頑張ろう。」と書けば、つらいときに励ましあえる関係になれるかもしれません。

  • 【9】未来を想像させる「二十歳になったら飲みに行こうぜ!」

    「未来のイベントが書かれているとワクワクする。」(10代女性)のように、何年後かの予定が書かれた寄せ書きは、予定が実現する日まで忘れられないものになるようです。もちろん、書いてくれた男性も忘れられない存在になることでしょう。

他にはどんな、「女の子が『キュン』とする卒業アルバムの寄せ書きコメント」があるのでしょうか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock