女の子を「キュン」とさせる卒業アルバムの寄せ書きコメント9パターン


卒業式にやることの定番といえば、「アルバムへの寄せ書き」でしょう。ずっと好きだった女の子のアルバムが回ってきたら、いったいどんなコメントを書くといいのでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』読者の独身女性に聞いたアンケートを参考に、「女の子を『キュン』とさせる卒業アルバムの寄せ書きコメント」をご紹介いたします。

  • 【1】その人をよく見ていたことをアピールする「部活、頑張ってたね」

    「私のことをちゃんとわかってくれたんだなと思って嬉しかった」(10代女性)など、相手の頑張りをひそかに見ていたことを告げるパターンです。ずっと温かく見守っていた事実が伝わると、これを機にこちらを意識してもらえるかもしれません。

  • 【2】女の子への感謝を伝える「あなたのおかげで学生生活が楽しかったよ」

    「いきなりかしこまって『ありがとう』みたいなことを書かれると照れちゃうしドキッとします(笑)」(10代女性)など、卒業という節目のタイミングに改めてお礼を伝えるパターンです。一緒にいた時間に感謝することで、暗に相手に対する好意もほのめかすことができそうです。

  • 【3】これからが始まりだとアピールする「まださよならじゃないぜ!これからもよろしく!」

    「『さよならじゃないぜ!』の言葉にキュン!」(20代女性)というように、お別れムードが漂う卒業式だからこそ、あえてさよならを否定する言葉を選ぶパターンです。新しい関係を期待させることで、二人の仲も自然と進展するかもしれません。

  • 【4】別れを惜しむ「もっと早く出会いたかったな」

    「もう卒業ってタイミングで『もっと一緒にいたかった』みたいな態度を取られるとドキッとしますよね(笑)」(20代女性)など、別れを惜しむメッセージで揺さぶりをかけるパターンです。ただの「さよなら」「お元気で」に比べて一歩踏み込んだ言い回しになるので、異性として意識していることは伝わるでしょう。

  • 【5】あらためて女の子を褒める「笑顔がいい!いつも元気をもらってた」

    「そんな風に見てくれていたんだ…と感動する」(10代女性)というように、相手のいいところを目いっぱい褒めるパターンです。自分の良さに気づいてくれた男性を悪く思う人はいないので、いい雰囲気にはなるでしょう。

  • 【6】覚えていてほしいという願いを込めた「俺のこと忘れるなよ!」

    「『俺を忘れないで!』って必死すぎて、ちょっとかわいいと思ってしまう」(10代女性)など、なりふりかまわず自分の存在をアピールするパターンです。寄せ書きを書いた勢いで、「忘れられたくないから、これからも会ってくれる?」と気持ちをぶつけてみると、案外いい結果が出るかもしれません。

  • 【7】最後の望みをかけて自分の連絡先を書き、「実は、いいなって思ってました。もし、気が向いたら連絡してください」

    「私も気になる相手だったので、連絡しました」(10代女性)というように、自分の気持ちと連絡先を書き込んで、相手の出方を待つパターンです。最後の望みをかけ、勇気を振り絞って書いたメッセージは、きっと女の子の心にも響くでしょう。

  • 【8】相手のこれからを応援する「大変なこともあるかもしれないけど、一緒に頑張ろう」

    「離れていても一人じゃない気がして嬉しい」(10代女性)というように、女の子の未来をシンプルに応援して、背中を押すパターンです。「一緒に頑張ろう」などと書けば、つらいときに励ましあえる関係になれるかもしれません。

  • 【9】未来を想像させる「二十歳になったら飲みに行こうぜ!」

    「未来のイベントが書かれていると、単純にワクワクします」(10代女性)など、何年か先の約束を書き込んで、将来への期待をつなぐパターンです。記念すべきこの日に書かれた「約束」は、実現するまで心に残り続け、そのコメントを残した人物までかけがえのない存在になる可能性が高まりそうです。

ほかにはどんな「女の子を『キュン』とさせる卒業アルバムの寄せ書きコメント」があるのでしょうか?皆さんのご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock