第一印象は「恋愛対象外」だった男性が、好きな女性と付き合えたきっかけ9パターン


女性は異性と出会った時、「恋愛対象かどうか」を直感的に判断すると言われます。第一印象のイメージはそれだけ重要ですが、もし「対象外」になってしまっても、あっさり諦めるのは早いようです。今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「第一印象は『恋愛対象外』だった男性が、好きな女性と付き合えたきっかけ9パターン」をご紹介します。

  • 【1】とにかくストレートに「好きだ」と告白した

    「それまでは男として見ていなかった」(20代女性)など、ストレートに好意を伝えることで、強引に「恋愛対象内」に入り込むことができるようです。いきなり好かれることはなくとも、まずは相手から「異性」として意識してもらうための第一歩といえるでしょう。

  • 【2】外見は地味でも実はスポーツが得意など、いい意味でのギャップを見せつけた

    「ナヨナヨした人だと思ってたから、男らしさに驚いた」(10代女性)など、穏やかで自己主張をしないタイプの男性は、その魅力に気づかれていないケースも多いようです。スポーツなど得意分野で実力をアピールすれば、女性の見る目が変わる可能性は高そうです。

  • 【3】女性が心底落ち込んでいるときに、側にいて精神的に支えた

    「優しく慰めてもらっているうちに、頼れる人だと思えた」(20代女性)など、女性は精神的に弱っているとき、側にいてくれる男性に心を開くことも多いようです。女性の弱みにつけこんで口説くのではなく、ひたすら優しく接することで信頼を勝ち取れそうです。

  • 【4】性別を超えた友人として、地道に信頼関係を築いていった

    「話の合う友達だったから、付き合っても上手くいくかもと思った」(30代女性)など、「ただの友人」という立場であっても、時間をかけて親しくなれば、恋愛に発展できる可能性は高まるようです。焦ることなくアプローチのタイミングをよく見極めることが重要でしょう。

  • 【5】職場で同じ仕事を担当するなど、一緒に過ごす時間が長くなった

    「私の失敗をフォローしてくれたのが嬉しかった」(20代女性)など、仕事仲間のさりげない優しさにときめく女性もいるようです。口先だけではなく、相手の仕事を手伝ったり、悩みの相談に乗るなど、行動で好意を示すことで、相手の意識も変わりそうです。

  • 【6】グループで一緒に遊ぶ機会を増やし、沢山の会話を重ねた

    「仲良くなれば共通の話題も増えるし」(10代女性)など、グループ交際から恋愛に発展するケースは多いもの。はじめは「ただの友達」の一人でも、とにかく会う機会を増やしてコミュニケーションを重ねれば、特別な関係になることも不可能ではないようです。

  • 【7】二人きりになったとき、いつもと違う優しさをアピールした

    「普段はそっけない態度なのに、急に優しくされてドキッとした」(20代女性)など、日頃との「態度のギャップ」に恋心を刺激される女性もいるようです。第一印象で「感じが悪い」と思われている場合ほど、優しく接したときのインパクトは大きいでしょう。

  • 【8】口下手で上手く話せなくても、丁寧なメールをマメに送った

    「あんまり親しくない人だったけど、メールがやたら感じが良かった」(10代女性)など、気持ちのこもったメールのやり取りを通じて、第一印象のイメージを覆すことができるようです。文章だけだからこそ、ひたむきな誠実さが伝わるのかもしれません。

  • 【9】会うたびに毎日デートに誘うなど、情熱を伝えた

    「分かりやすい押しに負けました(苦笑)」(20代女性)など、一見チャラく思われる軽いアプローチも、繰り返し続けることで情熱が伝わるようです。一度や二度断られても諦めることなく、何度でもデートに誘い続けることが肝心でしょう。

ほかにも、「第一印象は『恋愛対象外』だった男性が、好きな女性と付き合えたきっかけ」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock