「ちょっとやりすぎ…」と男性への気持ちが冷めるデートプラン9パターン


恋の予感にドキドキが止まらないデートで、「女性を喜ばせたい!!」という男性の意気込みが、女性にとっては「微妙かも…」と裏目に出てしまうこともあるようです。では、女性はどのようなデートの演出に首を傾げてしまうのでしょうか。今回は『オトメスゴレン』の女性読者の意見を参考に、「『ちょっとやりすぎ…』と男性への気持ちが冷めるデートプラン9パターン」を紹介します。

  • 【1】一日の予定がびっしりで余裕がない

    「忙しくてデートの感じがしない」(20代女性)など二人の時間をゆっくり楽しめないほどの過密スケジュールに女性は不満を抱くようです。「疲れたら言ってね」など相手のペースを気遣うと「私のためにこんなにしてくれるなんて」と感激する女性は多いでしょう。

  • 【2】ムード作りに必死な感じで人気のないところに行く

    「暗闇に連れて行かれると怖い」(20代女性)など男性が「ロマンチック」と思うことが、女性には「下心」と映るケースです。いい雰囲気の相手には「次はキレイな夜景を見に行こう」など予告しておくと女性が安心して「またデートしたい」と思ってくれそうです。

  • 【3】高級なレストランなど無理している感満載のお店にいく

    「お金が足りるかヒヤヒヤする」(30代女性)など、身の丈に合わないような高級店に恐縮してしまう女性もいるようです。オシャレな雰囲気ながらも自然体でいられるレベルのお店を選ぶと「一緒にいて心地がいい人」と好印象かもしれません。

  • 【4】初デートで高価そうなプレゼントを用意している

    「そんなのもらう義理ないし」(20代女性)など女性は必要以上の尽くし方に男性の愛情を重く受け止めてしまうようです。キーホルダーくらいの手ごろな品をお揃いでプレゼントするなどするほうがデートの思い出にもなり、心から喜ばれるかもしれません。

  • 【5】行く場所ごとにすべてサプライズが用意されている

    「正直、疲れる!」(20代女性)など女性は嬉しいと思う反面、毎回続くとしつこさを感じてしまうようです。誕生日や記念日など、いざという時に演出たっぷりのデートをするほうが女性に与えるインパクトが大きく、二人の関係を深めるには効果的でしょう。

  • 【6】カラオケでラブソングを歌い上げる

    「自分に酔ってるだけでは…」(30代女性)など、1回目のデートでラブソング熱唱は男性の自己満足と受け止められてしまう恐れもあります。どうしてもラブソングが歌いたいときはせめて「初デートに関連する歌」など二人の状況に合わせた歌をチョイスするとよいかもしれません。

  • 【7】家族の話や自分の過去など、「君にしか話さないよ」と込み入った話をしてくる

    「もしや結婚まで考えてる?」(20代女性)など、いきなりの深い話に女性は気持ちの温度差を感じざるを得ないようです。「昔はどうゆうコだったの?」など相手のことも聞きつつ一方的に語らないように注意すると、自然と距離が縮まるかもしれません。

  • 【8】行く場所すべて下見をしている

    「感動を一緒に味わえない!」(30代女性)など男性の反応が新鮮でないため物足りなさを感じてしまうケースです。「俺も同じテンションで共感したかったー!!」など下見したことを後悔すると「私のために入念に準備してくれた」と感動だけを感じてくれるかもしれません。

  • 【9】冬のデートで「寒いでしょ」と自分のコートを脱いではおらせる

    「無理しないで!!」(20代女性)などやせ我慢している男性の姿に気が気でない思いをする女性もいます。女性が寒さで凍えているときは「手冷たいでしょ」と手を自分のポケットに入れてあげると、そのさりげない優しさにキュンとしてくれそうです。

ほかにも「男性に『ちょっとやりすぎ…』と気持ちが冷めるデートプラン」はありますでしょうか。皆さまの意見をお待ちしております。(富岡由郁子)
Photo:All images by iStock