バレンタインに「チョコ何個もらった?」と聞かれたときのスマートな切り返し方9パターン


バレンタインデー当日や直後には、「今年はいくつだった?」と聞かれる機会も多いでしょう。よほどのモテモテ君でないかぎり、毎年そんなに多くはもらわないものです。そこで『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに、そんな質問をスマートにかわす方法を探ってみました。

  • 【1】「たいした数じゃないから、言うほどでもないよー」と受け流す

    「実はもらってなくても、これならウソになりません」(20代男性)と、謙遜するポーズをとりながら答えないことで、相手の想像に任せる人もいるようです。数を曖昧にしておけば、「たくさんもらったのかな」と、相手が勘違いしてくれる可能性もあるでしょう。

  • 【2】「カウントしたら、くれた女性に失礼だから」と明確に答えない

    「フェミニストな感じを匂わせつつ、個数は答えません」(30代男性)のように、女性の味方を演じつつもらっていないのを隠す、という意見もありました。「くれた女性」など存在しなくても、モテ男になりきり言いきってしまいましょう。

  • 【3】「1個!」と、たとえ肉親からのひとつでも、さも本命からのように答える

    「事実に違いないし…」(20代男性)と、母親からのひとつをカウントして答える男性もいるようです。最後の砦を失わないよう、家族からチョコをもらったら「ありがとう!」と感謝の念を伝えて、来年の「まさかのゼロ」という事態を予防するようにしておきましょう。

  • 【4】明るく「俺がもらえるわけないだろ!」と冗談にする

    「ゼロなら、笑いにしちゃうしかないでしょ」(20代男性)と、明るくカミングアウトすると、かえって好感度がアップすると考える男性もいました。女性に聞かれた場合「僕は今フリーだよ」というアピールにもなるので、気になる人にはあえてゼロを強調するのもテでしょう。

  • 【5】「あれ、今日バレンタインかー!」と気にしてないアピールでごまかす

    「無頓着な感じが、かえって男らしいかと」(20代男性)のように、バレンタインなど関係ない素振りで相手をケムにまいてしまうのもひとつの方法でしょう。ただし、バレンタイン前に「俺、チョコ好きなんだ」とアピールをしてしまっていた場合は使えないので、気をつけましょう。

  • 【6】「タダほど怖いものはないんだよ」としたり顔で答える

    「お返しのことを考えると、ホントにそう思うので」(20代男性)と、積極的に求めていないと主張して、ゼロであることの隠れ蓑にする男性もいました。遠い目をして言っておけば、「過去に痛い目にあったのかな」と、それ以上突っ込まれずにすむかもしれません。

  • 【7】「職場は男ばっかで、今日は女性に会ってないんだよー」と言う

    「本当に女っ気がない職場なのでアリかなと」(20代男性)のように、周囲の状況のせいにしてかわす人もいました。ただし女性相手に言うと「催促している」と誤解される危険もあるので避けたほうがいいでしょう。

  • 【8】「もらえる男になってみせるぜ!」と前向きに答える

    「数を答える代わりに、来年への決意表明をします」(20代男性)というように、ネガティブなことをポジティブに変換することで男気をアピールできるという意見もありました。「来年こそは!」と周りに宣言しておくことで、男を磨く意欲が実際に湧いてくるかもしれません。

  • 【9】「俺が辛党なの、みんな知っててくれてありがたい!」と勘違いキャラを押し通す

    「周囲が気遣ってくれている、ということにします」(30代男性)と、「ゼロであることこそ人気者の証拠だ」と言いくるめてしまう方法もあります。本当に甘いものが苦手な人は、日頃それを公言しておくと説得力が増すかもしれません。

もらったバレンタインチョコの個数を聞かれた際に、ほかにどう切り返せばスマートでしょうか。皆さんのご意見や体験談をお待ちしています。(佐野勝大)
Photo:All images by iStock