デートの誘いを断られたときのポジティブ思考9パターン


デートに誘ったものの、断られてしまい落ち込んでしまったことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。落ち込む気持ちもよく分かりますが、断られたことを出来る限りポジティブに捉えて、明るく過ごしたいものです。そこで今回、みなさんが少しでも前向きになれるように、「デートの誘いを断られたときのポジティブ思考9パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】まずは、デートに誘えた自分を褒めよう!

    デートに誘った自分を自分で褒めてあげるパターンです。当然ながら、誘わなければ、デートはできません。断られたとしても、「一歩前進した。」と自分を褒めてあげることで、前向きな気持ちになれるでしょう。

  • 【2】きっとデートプランがイマイチだったんだ!

    「自分自身が魅力的ではないからだ・・・」を決めつけるのではなく、デートに断られた要因をデートプランの企画力不足だったとして、反省するパターンです。女の子の好みを調査し、喜ばれそうなデートプランを考えて再チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

  • 【3】日程が直前過ぎた・・・もうちょっとゆとりを持った日程で提案しよう!

    「今からデートしようぜ!」と急に誘ったとき、あまりに直前に誘ったことを反省するパターンです。ゆとりのあるスケジュールで約束することで、女の子にOKしてもらえるかもしれません。

  • 【4】弱気だった。次は堂々と誘おう!

    誘うとき、弱気な姿勢だったことを反省するパターンです。「次は堂々と誘おう!」と前向きに考えることで、次回誘うときは、男らしく堂々と誘うことができるかもしれません。

  • 【5】もっとカッコ良い服装のときに誘おう!

    誘ったときの服装に対して反省するパターンです。見た目の印象は大きく、不潔な格好でデートに誘った場合、女の子に断れる可能性が高まります。次回は、カッコ良い服装でチャレンジしてみはいかがでしょうか。

  • 【6】遠回しな表現は避け、男らしくストレートに誘おう!

    ストレートに誘うことができず、遠回しな表現になったことを反省するパターンです。遠回しな表現は、誘われる女の子にもイライラさせる可能性があります。次回は、誘う勇気をもってストレートに誘うことで、デートを快諾してもらえるかもしれません。

  • 【7】とりあえず、「みんな」で行こう!

    「二人っきりではちょっと・・・」と断られたときのパターンです。みんなと一緒で会話するチャンスが少なかったとしても、時間を共有するのは同じと考え、複数人で遊びに行くことを提案してみはいかがでしょうか。

  • 【8】断られたが、デートに誘える関係を作れた!

    デートが実現できなくても、ひとまず「デートに誘える関係」になれたことを喜ぶパターンです。デートに誘った意義は大きく、「あなたに興味があります。」というメッセージを送ったことになります。従って、一度デートに誘うことで、改めてデートに誘うことに対する心理的なハードルは低くなるのではないでしょうか

  • 【9】やっぱり脈ナシ!身を引いて、新しく好きな人を作ろう!

    数回、断られたときのパターンです。気になる女の子に対する気持ちを抑え、別の女の子に目を向けるキッカケとなるかもしれません。

断られたとき、前向きになれそうな考え方はあったでしょうか。また、デートを断られたとき、他にも前向きになれる考え方があると思います。みなさんのご意見をお待ちしております
Photo:All images by iStock