非イケメンの男性が「美人を口説き落とせた理由」9パターン


美男美女のカップルは珍しくないですが、世の中には「美女と野獣」のカップルも決して少なくありません。ルックスに恵まれない男性が美女と付き合うには、どんなアプローチが効果的なのでしょうか? そこで今回は、『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「非イケメンの男性が『美人を口説き落とせた理由』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「なぜそんなにかわいいのか」を連発し、とにかく褒めちぎった

    「やっぱり褒めるのは有効」(10代男性)など、美人は褒められ慣れているとはいえ、ストレートに美しさを讃えられて喜ばない女性はいないようです。それだけで十分とはいえませんが、「あなたを恋愛対象として見ている」とアピールすることは重要と言えるでしょう。

  • 【2】彼女の話を聞く役割に徹し、信頼されることを目指した

    「美人は意外と悩みが多い」(20代男性)など、美しい女性は目立つゆえに悩みも絶えないようです。まずは相手の話をよく聞き、相談相手として信頼されることで、一人の男性として意識してもらえるようです。慌てずゆっくり親しくなることを目指したいものです。

  • 【3】マメな連絡を繰り返し、何度でもめげずにデートの申し込みをした

    「1回や2回断られてもくじけてはいけない」(20代男性)など、美人は多くの男性からアプローチされるため、「断ること」が習慣化されているケースも多いようです。相手に迷惑をかけない範囲で粘り強くアプローチを続けることで、態度が変わるかもしれません。

  • 【4】初対面から「君に夢中になった」と宣言して強気に押しまくった

    「短期決戦で勝負をかけた」(30代男性)など、出会った直後からアプローチしまくることで押し切れるケースもあるようです。万人向けとはいえない一か八か的な方法ですが、男性の情熱が良い具合に伝われば、上手くいく可能性もありそうです。

  • 【5】美人だからと特別扱いせず、一人の女性として普通に接した

    「緊張せずいつも通りの自分でいること」(20代男性)など、美人を前にすると肩に力が入ってしまう男性は多いですが、こちらの緊張は相手に伝わってしまうもの。リラックスしてごく普通に接することで、一人の男性として意識してもらえるようです。

  • 【6】一度だけでなく、時間をかけて何度も「好きだ」と告白した

    「何度も伝えることで信用してもらえる」(20代男性)など、美人は多くの男性に好かれるため、軽い気持ちのアプローチに対する警戒心が高くなります。外見だけでなく内面にも惹かれていることを繰り返し告白して、真剣な気持ちを伝えることが肝心でしょう。

  • 【7】自分のコンプレックスをすべて伝えて、素の姿を晒した

    「格好をつけずにありのままの自分を見せた」(20代男性)など、美女の前では良い所を見せたくなるものですが、あえて弱さをさらけ出すことで、信頼をつかめるケースもあるようです。かなりの高等テクニックですが、欠点を上回る魅力と一緒にアピールすれば効果的かもしれません。

  • 【8】「君を幸せにするのは俺だ」と自信満々にアプローチした

    「とにかく自信を持って接することが大事」(30代男性)など、美女に対しても臆せず堂々と接することは、最低限のハードルと言えそうです。「必ず幸せにしてみせる」と信念を持ってアプローチすることで、真心が伝わる可能性はゼロではないでしょう。

  • 【9】先輩として色々指導するなど、頼り甲斐をアピールした

    「立場を活かした」(20代男性)という意見のように、先輩や上司といった「目上の立場」から優しくフォローすることで、頼り甲斐のある男性と思ってもらえるケースもあるようです。誰にでも使える方法ではないにしろ、その状況にあれば頑張ってみる価値はありそうです。

ほかにも、「非イケメンの男性が『美人を口説き落とせた理由』」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock