「わかる!」と思わずうなずく、友達が漏らした「恋の名言」9パターン


人は誰でも多くの恋愛経験を積むことで、男女関係の本質をつかんでいくもの。その過程で培われた哲学は、ときに偉人の考えにも匹敵するほど秀逸なこともあるでしょう。そこで今回は、『スゴレン』『オトメスゴレン』両媒体の読者アンケートをもとに、「『わかる!』と思わずうなずく、友達が漏らした『恋の名言』」をご紹介します。

  • 【1】「フラれてもいい、傷ついてもいい、そう思えたときこそが本当の恋」

    「寂しいのがイヤでフラれない相手とばかり付き合おうとしていたことに気づいた」(20代男性)など、気持ちに迷いがある人の目を覚ます一言です。とにかく彼女が欲しいと頑張っている人は、今の感情が本当の恋なのかどうか一度自分に問いかけたほうがよさそうです。

  • 【2】「今日言わなかったら明日はもっと勇気がいるよ」

    「あまりに正しい指摘でハッとしました」(20代女性)など、恋愛を成功に導く冷静な判断ができていない人への真っ当な一言です。恋愛中は自分の気持ちが赴くままに行動するだけでなく、客観的な意見も参考にしたほうが告白する勇気が出るかもしれません。

  • 【3】「お前が好きになった相手だから素敵な奴に決まっている。嫌いになれなくて当然だ」

    「怒られるのを覚悟で『別の人が好きになった』と伝えたら、まさかのセリフが返ってきた」(20代女性)など、別れの場で一途な愛情をストレートに示した一言です。別れた恋人に幸せになってほしいと本心で思えたとき、人は恋愛を通じて一回り大きくなるのではないでしょうか。

  • 【4】「会えない時間は恋を引き立てるスパイスなんだよ」

    「彼氏に会えなくて溜まっていた不満がスッと消えた」(20代女性)など、恋人間に立ちはだかるハードルを前向きにとらえる一言です。会えないときだけではなく、恋人との関係がうまくいっていないときにも思い出したい考えです。

  • 【5】「付き合った人数が多いってことは、別れた数も多いってことだからね」

    「価値観が完全に変わりました」(20代女性)など、「イケメンだから、たくさんの人と付き合っていて当然」という惚れた側の好意的な思い込みを打ち砕く一言です。彼が「女性をとっかえひっかえするタイプ」ではないか、好きな人に入れ込み過ぎて本質を見誤らないようにしたいところです。

  • 【6】「他人に好かれるなんて簡単。自分を好きになればいい」

    「言われてみれば輝いている人って、みな自信に溢れていた」(20代男性)など、自分への自信が魅力に直結すると気づかせてくれる一言です。非モテに悩んでいる方は、まずは自分の長所を見つめ直してみてはいかがでしょうか。

  • 【7】「女は男を縦に並べる。男は女を横に並べる」

    「男女の性質の違いを見事に表していますね」(30代女性)など、女は好きな男をトップに据え、それ以外は全部下に並べる一方、男は恋人以外も並列に性的対象として見るという真理を突いた一言です。彼女が他の男性に目が向いたら取り戻すのは難しいことを理解し、日々愛情を注ぐ努力を続けましょう。

  • 【8】「今の女を精一杯大切にして、今まで遊んできたツケを清算しろ」

    「新たな人生を始めるとき、背中を押してくれた言葉」(20代男性)など、結婚にあたって「男の務め」を説いた一言です。恋愛における過去の失敗を、今の大事な相手に対する愛情の糧にしてこそ男の中の男といえるでしょう。

  • 【9】「ひとつでも自分が敵わないものを持っている人となら結婚しても大丈夫」

    「これを聞いて、『彼でいい』から『彼がいい!』に考えが変わった」(30代女性)など、マリッヂブルーで悩む人を救ってくれる一言です。いつも相手のダメな部分を見てしまい結婚に迷いが生じやすい人に届けたい名言です。

ほかにも「『わかる!』と思わずうなずく、友達が漏らした『恋の名言』」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)