深刻な女性不信を乗り越えたきっかけ9パターン


なんらかのきっかけで、女性を信じられなくなったという男性は少なくないもの。それを克服するには、同じような気持ちを味わった人の克服体験談に耳を傾けるといいかもしれません。そこで今回は『スゴレン』の男性読者のみなさんに、「深刻な女性不信を乗り越えたきっかけ」を教えていただきました。

  • 【1】会社や学校で、身近にいる女性と話す用事がたくさんあったこと

    「気がついたら女の子と普通に話せるようになっていた」(20代男性)というように、女性が多い環境に身を置いたことがきっかけで、自然に振る舞えるようになったパターンです。学生であれば、女性が多いファストフードのアルバイトなどに挑戦してみるといいかもしれません。

  • 【2】家族や親せきなど、無条件で親身になってくれる女性と話したこと

    「女だから信用できないわけではないと気付いた」(20代男性)というように、自分に優しくしてくれる近親者と接したことが、女性不信を払しょくするきっかけになった男性もいるようです。自分を愛してくれる女性の存在にあらためて気づけば、再び人を信じる気持ちになれるかもしれません。

  • 【3】自分に辛い思いをさせる悪い女性はごく一部であると思いこむようにしたこと

    「悪い人が目立つだけで本当は少ない」(20代男性)というように、冷静に過去を振り返り、自分を傷つけるような女性は少数派だと理解したケースです。会社や学校にいる女性を恋愛感情抜きで眺めてみると、意外といい人が多いことに気づくでしょう。

  • 【4】女性に好かれなくてもいいと開き直ったこと

    「モテたいとか、嫌われたくないという気持ちがややこしくしてた」(20代男性)というように、そもそも女性に良く見られたいと思わなければ、現実とのギャップに苦しまなくてすむかもしれません。たしかに、「嫌われてもいい」くらいの気持ちでいるほうが、女の子と自然体で接することができそうです。

  • 【5】気が進まない合コンにもあえて足を運んだこと

    「女の子とワイワイ騒いでいたら辛い過去も忘れられた」(20代男性)というように、気乗りしない飲み会に参加したことがきっかけで、女性不信がうやむやになった人もいます。「絶対に彼女をつくる!」などと気負うと余計に傷つく可能性があるので、「気晴らしにお酒を飲む」くらいの気楽さで参加しましょう。

  • 【6】恋仲になるかどうかは別として、人として信用できる女性を見つけたこと

    「心から信頼できる上司に出会えた」(20代男性)というように、恋愛対象ではなく、一人の人間として尊敬できる女性に出会い、信じられるようになった男性もいるようです。身近に一目置かれている女性がいれば、その言動に注目してみてはいかがでしょうか。

  • 【7】悩んだ末、男性と女性は100%理解し合うことはできないと悟ったこと

    「男と女は違う動物という結論に達しました」(20代男性)というように、いくら考えても完璧に女心を知ることはできないと気付き、ふっきれたと語る人もいます。男女の違いを認めてこそ、「謎めいたところがいい」と思える日が来るのかもしれません。

  • 【8】裏切られてもいいから信じてみようと覚悟を決めたこと

    「ダメ元だと腹をくくったら肩の力が抜けた」(20代男性)というように、心変わりされて当然と開き直って女の子と向き合い、前に進むことができた男性もいます。ただし、本当に騙されたら余計に深い傷を負うので、都合よく言い寄る女の子には注意しましょう。

  • 【9】過去のトラウマを払しょくするような素敵な女性に出会えたこと

    「すべては今の彼女のおかげ」(20代男性)というように、心から信じられる女の子との出会いに救われたという人もいます。いつか運命の女性と出会えると信じて、はなから女性を拒絶せず自然体で過ごしてみてはいかがでしょうか。

ほかにも「深刻な女性不信を乗り越えたきっかけ」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock