八方美人で気の多そうな彼女と付き合う際の注意事項9パターン


どんな男性に対しても愛想良く振る舞う「八方美人」な女性がいます。知り合いとしては気持ちのいい相手ですが、彼女となると話は別。一体どんなことに気をつければ、うまく交際することができるのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「八方美人で気の多そうな彼女と付き合う際の注意事項」をご紹介します。

  • 【1】彼女がまわりの男性にとる態度にいちいち嫉妬しない

    「愛想よくしてるだけで怒ってたらキリがないよ」(20代男性)など、達観した男性もいます。八方美人の女性は、習慣として無意識にどんな男性にも優しく接してしまうよう。好意の有無とは関係ないことを理解すれば、少しは気持ちが落ち着くのではないでしょうか。

  • 【2】自分が彼氏だということを周囲にアピールする

    「彼氏がいるってわかったら、男のほうが気を使ってくれるかも」(20代男性)など、まわりの男性の良心に訴えるケースです。彼氏の存在がわかれば、彼女の行動はどうあれ、恋愛対象外とみなす男性も多いはず。わざとらしくない程度に自分の存在をアピールしましょう。

  • 【3】浮気の芽を摘むためにもマメにデートをする

    「他の男と会う『暇な時間』を作っちゃダメ」(20代男性)など、八方美人の女性はお誘いがあれば出かけてしまいます。そんなことをする間もないくらいマメにデートをすることが大事なようです。束縛と受け取られないよう、毎回楽しいデートを企画しましょう。

  • 【4】彼女へのダメ出しをせず、基本的に褒める

    「誰だってチヤホヤされるのが好きだし」(20代男性)という指摘もあり、彼氏とはいえ八方美人な彼女へのダメ出しはご法度と言えそうです。気になることがあれば、まずは十分長所を褒めてから少しだけ注意するなど、ご機嫌を損ねない工夫をしましょう。

  • 【5】交際がマンネリ化しないよう記念日を大切にする

    「飽きられたらすぐ別の男に行っちゃいそう…」(20代男性)など、常に緊張感を持つ男性もいます。八方美人は男性ウケがいいので、交際がマンネリ化するのは破滅への第一歩。記念日のサプライズなどで、彼女の心をグッとつかんでおきましょう。

  • 【6】心配だからといって束縛しすぎない

    「束縛しすぎると逆効果」(20代男性)など、いくら彼女の行動が心配でも、束縛しすぎると逆に心が離れていってしまうようです。彼女に気取られないよう慎重に目を光らせつつ、言葉で「君のことを信頼している」と伝えてはいかがでしょうか。

  • 【7】彼女の心をつなぎとめられるようきちんと愛情表現する

    「ベタな愛情表現が一番効く」(20代男性)という声もあり、八方美人の女性にはストレートなアプローチが有効なようです。恥ずかしい気持ちはわかりますが「好きだ」など、愛の言葉をきちんと口にしましょう。

  • 【8】八方美人の自覚がなければやんわり指摘する

    「本人が気づいていない場合が厄介かも(苦笑)」(20代男性)など、自分が八方美人であることに気づいていない女性もいるようです。本人が無自覚だと彼氏が気をもむ理由もわからないと思われるので、「そんなに愛想よくしてたら疲れない?」など、やんわり伝えてみましょう。

  • 【9】愛されているのは自分だけだという自信をもつ

    「自分が揺らいだら絶対ダメ。まずは自信を持つこと」(20代男性)というアドバイスもあり、彼女の行動にばかり気を取られて男性が自信を失ってしまうことが一番良くないようです。彼女を大きな愛で包めるような、器の大きな男を目指しましょう。

ほかにも「八方美人の彼女と付き合うときはこんなことに注意」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock