二人で「鍋」を囲むとき、彼女をイラッとさせる行動9パターン


この時期、彼女と一緒に鍋をするという男性も多いことでしょう。でもそこで、知らず知らず彼女をイライラさせていることもあると知っていますか? 今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「一緒に鍋を食べているとき、ついイラッとしてしまう彼氏の言動9パターン」を紹介します。

  • 【1】食べる順番や薬味の入れ方などにいちいち口を出して、好きなように食べさせてくれない

    「小姑みたいでイライラする」(20代女性)のように、「鍋将軍」になってしまうと女性から嫌がられることが多いようです。自分の食べ方を強要するのではなく、「もみじおろしを入れるともっとおいしいかも」など、さりげなく提案する程度にしてはどうでしょうか。

  • 【2】「まだ火通ってないや」と食べかけの具材を鍋に戻す

    「食事のマナーがなってない」(30代女性)など、いくら恋人同士であっても、一度口をつけた食材を鍋に戻すのはご法度のようです。万が一火の通っていない具材を口にしてしまったとしても、女性に見えないように吐き出す配慮を持ちましょう。

  • 【3】肉や魚介など、メインの食材ばかり食べて野菜に手を出さない

    「子どもみたいで冷める」(30代女性)と、鍋の主役ばかりに手を出していると、女性から呆れられることもあるようです。取り分ける際に、メインの具材と野菜がバランスよく入るように意識すれば、彼女から冷たい目で見られることもなくなるでしょう。

  • 【4】せっかく彼女が取り分けようとしているのに、「自分でやる」と言いデリカシーがない

    「ありがとうくらい言ってくれてもいいのに」(20代女性)というように、彼女の優しさを無下にするような態度に怒りを覚える女性は多いようです。まずは彼女にまかせた上で、「ありがとう。あとは自分でやるからどんどん食べて」と相手を気遣う言い方をしてみてはいかがでしょうか。

  • 【5】具材を一気に全部入れてしまう

    すべての具材をいっぺんに入れてしまっては、せっかくの鍋が台無しと考え、「見た目もぐちゃぐちゃになる」(30代女性)と、男性のものぐさなやり方に腹を立てている女性もいました。面倒くさがりな男性は、彼女の進め方に任せてしまうのも手かもしれません。

  • 【6】女性の食べるペースに合わせずガツガツ食べる

    「気付いたら何にも残ってなかった…」(20代女性)など、彼女のペースを無視してがっつく男性が嫌だという意見もありました。彼女の食事ペースがゆっくりだった場合は、メインの具材をきちんと残してあげるなど、彼女も満足できるように配慮してあげましょう。

  • 【7】鍋に直接調味料や薬味を入れて、味を自分好みにする

    「思い切り辛くされて食べられなくなった」(30代女性)というように、彼女の好みを考慮せず、鍋の味を変える男性は、自分勝手だと思われがちです。「一味足りないな」と思った場合は、自分の取り皿内で味を調整するのがマナーでしょう。

  • 【8】自分の取り皿によそったにもかかわらず、食べきれずに残す

    「責任持って最後まで食え!」(20代女性)など、自分でよそったものを残す男性に対し、イライラする女性は少なくないようです。お腹がふくれてきた場合は無理によそおうとせずに、彼女と相談して翌日分として残すなど、最後までキレイに食べられるようにしましょう。

  • 【9】ペースを考えずに食べて、「俺、シメはいらない」と言う

    「鍋はシメが肝心なのに、ガッカリ」(20代女性)というように、シメの段階で満腹になっている男性に落胆する女性もいました。お腹がいっぱいになってきたら、正直に「そろそろシメる?」と彼女に確認して食べ進めるようにするのがベターかもしれません。

「鍋を食べているとき、彼女にイライラされてしまう言動」には、他にどんなものがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(磯田大介/Office Ti+)