久しぶりに会った男性に思わずときめきを感じる瞬間9パターン


しばらく顔を合わせていなかった女性に再会して、「あれ?なんか素敵かも」と胸がキュンとした経験のある人は少なくないでしょう。同様に、女性も久々に会った男性に思わぬ魅力を感じることがあるようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に、「久しぶりに会った男性に思わずときめきを感じる瞬間」をご紹介します。

  • 【1】以前と変わらない笑顔で話しかけてくれたとき

    「無邪気に笑った顔が昔と同じでキュンとした」(20代女性)など、昔と変わらない笑顔を懐かしく思い、親しみを感じるケースです。とはいえ、無理に作った笑顔を向けてしまうとわざとらしさを見抜かれてしまうので、できるだけ自然体を心がけたほうがいいでしょう。

  • 【2】仕事の話をするときなどに、真剣な表情を見せてくれたとき

    「一緒にいるときに電話が掛かってきて、急に仕事の顔に変わってカッコよかった」(20代女性)など、昔のイメージとは違う顔を見せることも効果的なようです。愚痴や自慢にならない程度に、仕事のやりがいなどを語るのもいいかもしれません。

  • 【3】軟弱なイメージだった人が、ガッチリした男らしい体格になっていたとき

    「体つきが男らしくなっていて、以前とは見違えた」(10代女性)というように、もともとナヨッとした印象の男性が筋肉をつけてたくましくなると、女性の視線を釘付けにするようです。前もって同窓会の開催がわかっていたら、早めにジムに通って肉体改造に励みたいところです。

  • 【4】昔話した内容を覚えていてくれたとき

    「10年近く前の私の言葉を覚えていてくれて、ドキッとした」(30代女性)など、「昔の話を覚えていてくれる」というのも、女性にとっては重要なことのようです。ただし、相手の失敗談などを蒸し返すと逆効果なので、楽しかった出来事を取り上げたほうがいいでしょう。

  • 【5】昔は自分勝手なタイプだったのに、紳士的な振る舞いを見せられたとき

    「歩道側にリードしてくれて、『大人の男になっている!』と感動した」(20代女性)というように、女性をスマートにエスコートできると、ことのほか株が上がるようです。とはいえ、やりすぎると「あざとい」と思われてしまうので、さりげなく振る舞うのが基本でしょう。

  • 【6】昔と同じ癖など、年月がたっても「変わらない部分」を発見したとき

    「猫背なところが変わってなくて、なんかほっこりした」(20代女性)など、身にまとう雰囲気に変化があっても、「昔と同じ部分」が残っていると、女性を安心させるようです。ただし、貧乏ゆすりなど女性から嫌がられることの多い癖は歓迎されないので、注意しましょう。

  • 【7】下の名前を覚えていて、呼んでくれたとき

    「前と同じように呼び捨てで呼ばれて嬉しかった」(20代女性)というように、下の名前で呼びかけてあげると、女性に親しみを抱いてもらえるようです。仲間内だけで通じるようなあだ名があった場合は、それを口にするのもいいでしょう。

  • 【8】以前はぽっちゃりしていたのに、痩せてスマートになっていたとき

    「イメージが変わって、すごくカッコよくなっていた」(20代女性)というように、痩せて一皮むけると、やはり女性からのウケは格段に良くなるようです。急なダイエットが無理でも、着こなしを工夫することで少しでもすっきりと見せたいものです。

  • 【9】うるさいくらいに元気なタイプだった人が、落ち着いた大人の雰囲気をまとっていたとき

    「子どもみたいに騒がしかったのに、今はとにかく頼りたい感じ」(20代女性)というように、「落ち着いた雰囲気」を見せることができると、女性からの評価は一変するようです。同窓会で誰かといい雰囲気になったら、「二次会は静かなバーに行かない?」などと誘って、大人のムードを盛り上げましょう。

ほかには、どんな瞬間に久々に会った女性をときめかせることができるのでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(廣野順子/Office Ti+)
Photo:All images by iStock