肥満が恋愛に不利となる5つの理由


肥満男性に対して、「生理的に受け付けない。」「とりあえず無理。」と感じる女の子がいます。なぜ、女の子はそのように感じるのでしょうか。恋愛と肥満の関係性を明らかにするために、今回は、「肥満が恋愛に不利となる5つの理由」をご紹介させて頂きます。

  • 【1】汗臭い人だと思われるから。

    肥満というだけで、女の子に「汗臭い」というレッテルを張られてしまいます。もちろん、実際に汗臭かったから、確実に女の子に嫌われます。嗅覚は、一緒にいる間ずっと刺激する感覚です。デートにおいて汗臭かった場合には、どんなに楽しいデートであっても、女の子を不快にさせ、二度目のデートの約束を取り付けることは難しくなります。

  • 【2】男性らしい肉体と思われないから。

    女の子は、話す内容や振る舞いだけではなく、見た目からも「男らしさ」を判断します。そして残念ながら、肥満男性に対して、「男らしさ」を感じる女の子は少数派です。仮に脂肪の中に筋肉があったとしても、その筋肉は、見た目では分かりません。恋愛という観点では、脂肪に覆われた実質的な筋力よりも、見た目ですぐ分かるような脂肪を落とした男性らしい肉体の方が有利となります。

  • 【3】服装の選択に制限があり、見た目でのアピールが難しいから。

    肥満によって、服のサイズが大きくなり、選べる洋服に制限があります。また、多くの洋服は、標準的な体型を想定してデザインされているので、洋服本来の魅力が損なってしまう可能性があります。従って、服装という観点でも、見た目で好印象を与えることは難しくなり、肥満男性には不利な状況となります。

  • 【4】自己管理できない人だと思われるから。

    肥満という画一的なイメージによって、不利になります。肥満であることで、女の子に「自己管理できない人」「我慢できない人」というレッテルを張られてしまいます。女の子は、付き合った後の関係性についても想像するので、「自己管理できない人」「我慢できない人」という印象は、付き合った後の関係性について不安を与えることになります。

  • 【5】脂っぽい食事を付き合わされると思われるから。

    肥満であることで、女の子が一緒にデートする食事内容を勝手に想像する恐れがあります。女の子は、自分の好みではない脂っぽい食事に付き合わされることに恐れ、そのような食事を食べ続けることで、「自分も太ってしまうのではないか?」というリスクを考えてしまいます。

皆様の手厳しいご意見をお待ちしております。
Photo:All mages by iStock