いい加減ハッキリさせて!女性をイラ立たせる曖昧な態度9パターン


「友達以上恋人未満」とはよく言いますが、男女として普通以上の親交をもちながら、正式なカップルではない曖昧な関係にもやもやしている女性は少なからずいるようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「女性が『いい加減ハッキリさせて!』としびれを切らす曖昧な態度9パターン」をご紹介します。

  • 【1】メールの連絡は頻繁にくるのに、ちゃんとしたデートに誘われない

    「結局何がしたいのかよくわからない」(10代女性)など、メールのやり取りだけで満足しているような男性の態度にイライラしている女性もいるようです。関係を推し進めるためには、勇気をもって男性の方からデートを申し込むべきでしょう。

  • 【2】一応恋人関係だが、「忙しい」を理由に月に一度くらいしか会わない

    「飼い殺しにされている気分」(20代女性)など、お互いが積極的に一緒に過ごす時間を持とうとしなければ、カップルといっても有名無実です。どうしても会うのが難しければ、その分頻繁にメールを送るなど、「会いたい」という気持ちだけはしっかり伝えたいものです。

  • 【3】食事などのデートはするが、手をつなぐなどのスキンシップを一切してこない

    「関係を発展させようがない」(20代女性)など、紳士的な振る舞いは良いことですが、デートを繰り返すならどこかで男性が勇気を出さないと、関係はいつまでも進みません。まずは二人で歩くときに手を繋ぐなど、気持ちを行動で表すことも必要でしょう。

  • 【4】突然「今何してる?」というメールなど、都合のいい時だけ連絡がくる

    「自分勝手でずるい」(10代女性)など、自分の都合だけで相手を振り回すような行動は、女性の心を傷付けてしまうようです。デートに誘うなら相手の予定をきちんと確認し、事前にアポイントを取るのは最低限のマナーでしょう。

  • 【5】「友達から始めよう」と言って、本当に友達のまま付き合い続けている

    「いつまで友達のままなの?」(20代女性)など、「友達から始めよう」とは男女関係をはじめる際の慣用句ですが、本当に友達のままでいるなら、そんなセリフは必要ありません。女性に余計な期待をさせるような発言は慎みたいものです。

  • 【6】プライベートは一切秘密で、数時間会うようなデートだけ繰り返している

    「本気で付き合うつもりがないなら誘わないで」(20代女性)など、素性を明らかにしない相手とは、何度デートを繰り返しても信頼関係は築けません。自分の人となりをきっちり相手に伝え、正々堂々と向き合うことが女性への礼儀といえるでしょう。

  • 【7】一度別れた元カレがなんとなくデートに誘ってくる

    「ただ寂しいだけなら放っておいてほしい」(20代女性)など、復縁する気がないのにだらだらと元カノをデートに誘うのは、お互いにとって有益とはいえません。あくまでも「親しい友人」として会いたいのなら、事前にハッキリ伝えるべきでしょう。

  • 【8】「長く付き合っている彼女」がいるのに、デートに誘われる

    「どっちに対しても失礼」(20代女性)など、付き合っている女性との関係を清算する前に別の女性にアプローチするのは、浮気者と言われても仕方ありません。「軽い遊び」くらいの気持ちでも二人の女性を傷付けることになるので、絶対に避けるべきでしょう。

  • 【9】周囲の友達に「両想いらしい」と噂されているのに、何もアプローチされない

    「焦れったいし恥ずかしいし」(10代女性)など、お互いの気持ちが周囲にバレバレな状態になっているケースは意外と多いもの。様子を見ている間に相手の気持ちが変わってしまうことも考えられます。男性の方からキチンと告白して、しっかり気持ちを掴みたいものです。

ほかにも、「女性が『いい加減ハッキリさせて!』としびれを切らす曖昧な態度」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All mages by iStock