彼女の部屋に行ったとき、実は嫌がられている彼氏の行動9パターン


彼女の部屋に遊びに行くのは楽しいものです。ですが、あまり自由に振舞っていると、彼女が実は迷惑しているというケースもあるようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「彼女の部屋に行ったとき、実は嫌がられている彼氏の行動」をご紹介します。

  • 【1】便座を上げて立ったままトイレを使う

    「トイレが汚れる! 座ってしてくれればいいのに」(20代女性)など、彼氏が立ったまま用を足すことに不満を感じている女性は多いようです。彼女の口からは指摘しにくいポイントだと思われるので、言われなくても自分から座って用を足す習慣付けをしましょう。

  • 【2】勝手に彼女の耳かきを使う

    「そういうのを他人と共有したくないんだけど…」(20代女性)など、たとえ彼氏であっても、自分の耳かきを使われることに抵抗を感じる女性もいるようです。耳の掃除がしたいときは、「耳かきして」とかわいく甘えてみてはどうでしょうか。

  • 【3】部屋の中で換気扇もつけずにタバコを吸う

    「ニオイが気になる。外に出なくてもいいから、せめて換気扇はつけて!」(20代女性)など、特にタバコを吸わない女性はニオイに敏感。自分の部屋のようにスパスパタバコを吸うと、げんなりされそうです。まずは「ベランダに出ようか?」と聞いてみましょう。

  • 【4】お皿を使わずにお菓子を食べる

    「ボロボロこぼされると後が大変…」(20代女性)など、お皿を使わずにスナック菓子を食べていると、彼女に余計な部屋の掃除をさせることにもなりかねません。お皿がない場合も、ハンカチやティッシュを膝の上に敷き、食べこぼしには気をつけましょう。

  • 【5】靴下を脱いで裸足で歩く

    「汗をかいた素足で歩きまわらないでー!」(20代女性)など、スリッパ履きが習慣になっている女性にとっては、裸足で歩き回られること自体がストレスになるようです。靴下を脱ぐ前に一言断り、できればシャワーを借りて足だけでもサッと流したほうがいいでしょう。

  • 【6】上着を着たままベッドに寝転がる

    「外で着ていた服のまま寝るのはやめてほしい」(20代女性)など、ベッドは清潔に保ちたいと考える女性は、外出着のままベッドに上がられることを嫌がるようです。女性から勧められるまではソファーがわりにベッドを使わず、床に座るようにしましょう。

  • 【7】濡れたバスタオルをソファーの上に置く

    「ソファーが濡れたらカビちゃうじゃない!」(20代女性)など、女性からの悲鳴も届いています。お風呂から上がった後、濡れたバスタオルをソファーの上などに放置すると、彼女をうんざりさせてしまうようです。洗い物は、洗濯機があれば洗濯機へ。そうでなければ彼女に置き場所を聞きましょう。

  • 【8】高いシャンプーを雑に使う

    「女子のシャンプーは高いんだから! 大事に使ってよね」(20代女性)というように、特にコスメ好きの女性は、男性が使うシャンプーの何倍もする高価な商品を使っている可能性があります。何の気なしに使っていると、「遠慮のない人!」と思われることもあるので、必要最低限の量ですませるようにしましょう。

  • 【9】ワックスのついた頭のまま寝ようとする

    「うわー、枕が汚れちゃう(泣)」(20代女性)など、ワックスやムースでベタベタした頭のままベッドに入ると、女性を内心ギョッとさせてしまいそうです。寝る前は必ずお風呂に入ること。酔っていてお風呂に入れそうにない場合などは、タオルを枕の上に敷くなどの対策をとりましょう。

ほかにも「実はこんな自分の行動に彼女は腹を立てていた」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock