同窓会で再会した「元同級生」にドキッとした瞬間9パターン


かつての同級生が集まって旧交を温める「同窓会」は、男女が新しい気持ちで出会い直すチャンスでもあります。大人になった元同級生の姿を見て、思わずドキッとしてしまう男性も多いよう。そこで今回は、『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「同窓会で再会した『元同級生』にドキッとした瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】完璧なメイクで見違えるほど美人になっていたとき

    「化粧でここまで変わるとは思ってもみなかった」(20代男性)など、校則でメイク禁止の学校では、女性は本当の魅力を発揮していなかったと言えるかもしれません。ストレートに「見違えるほど綺麗になったね」と伝えれば、女性も悪い気はしないでしょう。

  • 【2】当時の自分のことを細かく覚えてくれていたとき

    「自分のことをちゃんと見ていてくれたんだと思うと、なんか嬉しい」(20代男性)など、クラスメイトだった当時のことをしっかり覚えてくれている女性に惹かれるケースは多いようです。思い出話を深めていくことで、新しい交流が生まれそうです。

  • 【3】メガネ女子がコンタクト派になっていたとき

    「変身の王道。メガネだけじゃなくて全体的にもオシャレになってる」(10代男性)など、メガネからコンタクトへの移行は、ファッションに目覚める乙女心の象徴ともいえます。以前のメガネ姿を知っているからこそ、そのギャップに惹かれるのかもしれません。

  • 【4】成人式の振袖姿がよく似合っていたとき

    「華やかな衣装を見て、女の子なんだなと実感した」(20代男性)など、成人式の艶やかな振袖姿は、ただのクラスメイトを女性として意識させるインパクトがあるようです。男性も負けじとスーツ姿を見せつけて、男らしさをアピールしたいものです。

  • 【5】地味だった女子が別人のように明るい性格になっていたとき

    「当時は暗い印象だった子が、話していて楽しいキャラに変わっていた」(20代男性)など、時間の流れは人の性格すら変えるもの。シャイだった女性が明るい性格に変わることで、新鮮な気持ちで会話できるようです。お互いに「異性慣れ」したとも考えられそうです。

  • 【6】ほとんど会話した記憶がない女子と話が盛り上がったとき

    「正直昔の記憶はないから、ほぼ初対面と同じ」(20代男性)など、当時ロクに話したことのない女性との再会は、お互いにとって初対面に近い出会いといえます。それでも共通の話題には事欠かないので、コミュニケーションを深めやすいでしょう。

  • 【7】お酒を飲んで少し頬を赤く染めているとき

    「お互い大人になったな…と実感する」(20代男性)など、頬を赤く染めている女性に、子供のころには感じなかった色っぽさを感じてドキッとする男性も多いようです。仕事の話を熱く語れば、女性からも「大人になったな」と思ってもらえそうです。

  • 【8】思い出話が盛り上がり、当時の仲の良さを思い出したとき

    「昔にタイムスリップしたような気持ちになる」(30代男性)など、長く離れていた女友達との思い出話に華が咲くことで、当時の気持ちを思い出す人も多いようです。子供の頃に淡い恋心を抱いていた女性がいるなら、積極的に昔話をしてみましょう。向こうも同じ気持ちかもしれません。

  • 【9】お互いに恋人がいないとわかったとき

    「とりあえずチャンスかなと思う」(20代男性)など、お互いに恋人がいない状態で再会した同級生と気があった場合、恋愛対象として意識するのは自然なようです。「今日の写真を送るよ」と言えば、自然な流れで連絡先を交換できるかもしれません。

ほかにも、「同窓会で再会した『元同級生』にドキッとした瞬間」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock