女子が「花束を渡しながら言ってほしい!」と思う映画みたいなセリフ9パターン


男性から花束をプレゼントされる機会はなかなかないもの。そのため、「せっかくもらうのなら…」と夢をふくらませる女性もいるようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「女子が『花束を渡しながら言ってほしい!』と思う映画みたいなセリフ」をご紹介します。

  • 【1】「花なんか贈るの、君がはじめてだよ」

    「『私だけ』って思うと嬉しさが増す」(20代女性)など、自分が男性にとっての「はじめての相手」になったことに感動する女性もいるようです。どんな花束にすればいいか迷った場合なども、隠さず「女の人に花を贈ったことないから…」と伝えたほうが好感度が上がるかもしれません。

  • 【2】「こんな花束じゃ君の美しさにはかなわないけど…」

    「『バラより美しい』みたいなこと言われてみたい(笑)」(20代女性)など、せっかくなら思いきりキザにキメてほしいと思う女性もいるようです。照れて笑ってしまったりすると台無しなので、キザな男になりきってビシッと言いましょう。

  • 【3】「オレが太陽になって君という花を照らし続ける!」

    「こういうときこそ、ラテン系な発言してほしい」(20代女性)など、美しい花束には情熱的なセリフが似合うと考える女性もいるようです。愛の告白と同時であれば、恥ずかしがらずに受け止めてくれる女子もいるのではないでしょうか。

  • 【4】「なんか君に似てるなと思って買っちゃった」

    「花に例えられたりしてみたい!」(20代女性)など、普段なかなか体験できないロマンティックなアプローチを期待する女性もいるようです。とはいえこの発言をする際は、花選びが大切。女性のイメージにあったキレイな花を選ぶだけでなく、花言葉なども気にする必要があるでしょう。

  • 【5】「ゴージャスな君に華を添えさせてくれ」

    「韓流ドラマみたい(苦笑)。笑っちゃうけど嬉しい」(20代女性)など、あまりにキメキメな発言に照れながらも、内心喜ぶ女性は多いようです。とはいえ、人前で披露すると非常に恥ずかしいので、ふたりきりになれる場所で言うようにしましょう。

  • 【6】「君への気持ちを受け取ってくれ!」

    「こんな告白されてみたいな」(20代女性)など、花束と愛の告白は非常に相性がいいようです。「気持ち」と言ったからには、花にも意味を持たせる必要があります。花屋さんに相談して、「どこどこの王子がプロポーズのときに贈った」など良いエピソードがあったり、ステキな花言葉のある花を選びましょう。

  • 【7】「君の笑顔はまるでこのひまわりみたいだ」

    「古い映画で言ってそう! 一度は言われてみたい褒め言葉」(20代女性)など、「花のような笑顔」と言われることに憧れを持つ女性は多いようです。花束がないときでも「ひまわりみたいにステキな笑顔」と褒めてみてはいかがでしょうか。

  • 【8】「キザかもしれないけど、これしか思いつかなかったんだ」

    「思いを伝えるのに花しか思いつかないなんて、すごくかわいい」(20代女性)など、男性の必死な気持ちが伝わるセリフのようです。ストレートな愛の告白をした後に言うと、キュンとしてくれるかもしれません。

  • 【9】「…僕と結婚してください!」

    「花束っていったらプロポーズでしょう。右手に花束、左手に指輪(笑)」(20代女性)など、映画のようなプロポーズを期待する女性もいるようです。一生に一度のものなので、夜景の見えるステキな場所に彼女を連れていき、ムード満点の求婚を試みてもいいかもしれません。

ほかにも「花束と一緒にこんなセリフを言うと女子は胸キュン」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock