職場恋愛をしている女性が抱えている悩みの種9パターン


同僚との恋愛で様々な苦労を抱えている女性は多いよう。では、その悩みとはどんなものなのでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「職場恋愛をしている女性が抱えている悩みの種9パターン」をご紹介します。

  • 【1】社内恋愛中なのがばれないようにとつねに気にしてしまう周囲の目

    「常に見られている気がする」(20代女性)というように、同僚たちの様子を窺ってばかりいて、気疲れしてしまう女性は多いようです。彼女が周りを気にしすぎて疲れているようならば、昼休みに二人きりの時間を作るなど、リラックスさせてあげると良いでしょう。

  • 【2】彼との関係をあることないこと噂するお喋り好きな女子社員

    「話題にされたくない」(30代女性)など、二人の関係についてコソコソ話されることに嫌悪感を抱く女性は少なくありません。彼女との関係が噂されてしまったときは、いっそのこと「真剣に付き合っているから」と公言することで、陰口をたたかれなくなるかもしれません。

  • 【3】彼に好意を抱いている同僚女子社員からの嫉妬の目

    「同僚が急に冷たくなった」(20代女性)など、彼に想いを寄せている女子社員からねたみを買った女性もいるようです。彼女が落ち込んでいるようならば、「俺がついているから」などとフォローをして、彼女が抱えている辛さを和らげてあげましょう。

  • 【4】お互いに意識し過ぎて、ぎこちなくなってしまう彼との関わり方

    「職場での会話が不自然なくらい減った」(30代女性)というように、二人の仲を秘密にしようとするあまり、お互いにぎこちなくなってしまうケースもあるようです。その結果、かえって交際が社内にバレることもあり得るので、意識的にそれまでと変わらない距離感を保つようにしましょう。

  • 【5】仕事とはいえ、彼と親しくしている同僚女子社員へのやきもち

    「仕方ないけどイライラする」(20代女性)など、彼が女子社員と仲良くしている姿を見るのを嫌がる女性もいるようです。業務上どうしても女子社員とコミュニケーションをとる必要がある場合は、そのあとで必ず彼女にも話しかけるなど、彼女のストレスを解消してあげてみてはいかがでしょうか。

  • 【6】デートの約束など、彼氏から送られてくる公私混同な社内メール

    「社会人としてどうかと思う」(30代女性)というように、オンオフのけじめがついていない彼の態度にいらだちを覚える女性もいます。プライベートを職場へ持ち込まないことは、社会人として最低限のマナーと言えるかもしれません。

  • 【7】冷やかされるのが嫌で彼と同時期に有給休暇が取りづらい不便さ

    「彼と旅行にも行けない」(20代女性)など、社内で公然の仲であっても、からかわれるのが面倒で彼と有給休暇を取りにくくなり、不満を感じる女性もいるようです。そんなときは、年末年始などの長期休暇に一緒に過ごす予定を計画してあげるなど、彼女の気持ちを配慮してあげましょう。

  • 【8】彼に筒抜けになりそうで、仲のいい同僚に恋愛相談ができないこと

    「ちょっとした愚痴が彼に届いて、大喧嘩になった」(20代女性)というように、恋バナ好きの女性にとって、自分の恋愛話ができない環境は辛いものです。自分への愚痴を含めた恋愛トークを許す心の広さを見せれば、彼女ものびのびとでき、かえって二人の関係もよくなるかもしれません。

  • 【9】もし別れた場合、職場で毎日顔をあわせることへの不安

    「気まずくなって、結局退職した」(30代女性)など、別れた後のことを考えると思いきった恋愛ができないという女性もいるようです。「たとえ別れたとしても良い関係でいたい」と思っていることをそれとなく伝え、彼女の不安を取り除いてあげてはいかがでしょうか。

「職場恋愛での悩み」には、他にどんなものがあるのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしています。(磯田大介/Office Ti+)