逆バレンタインを実行する5つのメリット


「逆バレンタインとは?」...2月14日のバレンタインデー前に男性からチョコをプレゼントする試みです。今回は、逆バレンタインを実行する5つのメリットをご紹介させて頂きます。

  • 【1】バレンタインデーに女の子からチョコを貰える可能性が高まる。

    男性から率先してチョコを渡すことで、女の子から「お返し」としてバレンタインチョコを貰える可能性が高まります。また、バレンタインデー間近になって、不自然に優しさをアピールするよりも、逆バレンタインという形で素直にアピールした方が、好感を持たれます。

  • 【2】話しかける「ネタ」となる。

    逆バレンタインというイベントによって、コミュニケーションを取る機会を作り出すことが可能となります。逆バレンタインとしてチョコを渡すこと自体が、話かける「ネタ」となります。そして、話しかけ、盛り上がった結果、デートに誘い出すチャンスもあるかもしれません。この絶好の機会を生かしてみてはいかがでしょうか。

  • 【3】女の子が喜ぶ。

    逆バレンタインというイベントによって、女の子を喜ばせる機会となります。女の子にとって、チョコなどのお菓子であっても、プレゼントされることは純粋に嬉しいものです。女の子に振り向いて貰うためには、イベントやプレゼントなどを「与え続ける」ことも重要なポイントとなります。是非、逆バレンタインという機会を活かし、女の子を振りませてみてはいかがでしょうか。また、誕生日などの記念日以外では実現できないサプライズイベントしてのネタにもなります。デート中にちょっと高価なチョコを用意して、サプライズイベントとして演出すれば、素敵な思い出になるかもしれません。

  • 【4】他の男性と差別化できる。

    他の男性がまだ実践していない「逆バレンタイン」実行することで、「他の男性とは違う。」ということをアピールすることできます。女性は、「特別なイベント」「特別な思い出」「特別な関係」など「特別な」事柄を大切にし、それが恋愛発展に大きな影響を与えます。「逆バレンタイン」という演出を行うことで、「特別なイベント」「特別な思い出」を作り出すチャンスとなり、他の男性との差別化されることで「特別な関係」へ発展する可能性があります。

  • 【5】ホワイトデーにおけるコスト削減も期待できる。

    逆バレンタインデーとして、男性からチョコを渡すことで、バレンタインデー自体が「お返し」としてのイベントとなり、「贈る」「お返しする」という一連のやり取りが完了します。結果として、逆バレンタインによって、ホワイトデー自体のイベント性は薄まる可能があります。従って、ホワイトデーはふたりで食事をするなど「軽め」のイベントに変更することで、ホワイトデーのプレゼントなどのコスト削減も可能となります。ただし、中には「ホワイトデーにはしっかりプレゼントくださいね。」とアピールしてくる小悪魔女子もいるので、相手には注意が必要です。

今年は逆バレンタインとして、女の子にチョコをプレゼントしてみはいかがでしょうか。皆様の手厳しいご意見をお待ちしております。
Photo:All mages by iStock