今年こそ「逆バレンタイン」を実行するメリット5パターン


「逆バレンタイン」とは、2月14日のバレンタインデー前に男性のほうから女性にチョコを贈る試みです。思い切ってこれをやってみることで、いったいどんなメリットが得られるのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』『オトメスゴレン』読者に聞いた意見を参考に「今年こそ『逆バレンタイン』を実行するメリット」をご紹介いたします。

  • 【1】バレンタインデーに女の子からチョコをもらえる可能性が高まる

    2月14日以前に男性からチョコを渡してしまうことで、女の子から「お返し」としてバレンタインチョコをもらえる可能性が高まります。バレンタインデー間近になって不自然に優しさをアピールするよりも、逆バレンタインという形で素直にアピールしたほうが好感度は高いので、意外に勝機があるかもしれません。

  • 【2】気になる女の子に話しかける「ネタ」となる

    いいなと思う女の子に近づくきっかけがない場合は、思い切って逆バレンタインを仕掛けると、少なくともコミュニケーションは生まれそうです。チョコを渡すことを口実にすれば、いきなり話し掛けても不自然には映りません。吉と出るか凶と出るかはわかりませんが、バレンタイン前に自分の存在を印象付けられるのは確実でしょう。

  • 【3】女の子に喜んでもらえる

    たいていの女の子は、甘いものに目がありません。チョコを贈って、「無駄なものをもらってしまった」と思われる確率は低いでしょう。また、「逆バレンタイン」にはサプライズ的な要素もあるため、予想外のプレゼントとして純粋に喜んでもらえるかもしれません。あまり気負わずにノリで渡してみてはいかがでしょうか。

  • 【4】ほかの男性との違いを見せつけられる

    ライバルがまだ試していないうちに「逆バレンタイン」を実践することで、周囲との差を見せつけられるでしょう。「特別なイベント」や「特別な思い出」を大事にする女の子は多いので、「逆バレンタインから始まる関係」には、特別感を抱いてもらえるかもしれません。「逆バレンタイン」の新鮮味が損なわれないよう、誰かが動き出す前に実行に移したいものです。

  • 【5】ホワイトデーのコストを削減できる

    一般的に、「バレンタインにもらったチョコへのお返し」をするのがホワイトデーなので、女の子へのプレゼント選びには、毎年悩んでしまうもの。その点、先にこちらから「逆バレンタイン」としてチョコを贈ってしまうと、女の子からの「お礼」がバレンタインとなり、そこで「贈る」「お返しする」というやりとりがひとまず完結します。ホワイトデーには、気張らずに「バレンタインのお礼のお茶」などを提案して、軽いデートに持ち込んでみてはいかがでしょうか。

「逆バレンタイン」には、ほかにどんなメリットがあるのでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(山場康弘)
Photo:All mages by iStock