気になっていた男子からの告白でも、サーッと気持ちが冷める言葉9パターン


たとえ憧れの男子からの告白でも、その言い方によっては、一気に恋心が冷めたという女性もいるようです。では、どんな告白がNGなのでしょう。今回は、『オトメスゴレン』女性読者への調査をもとに、「気になっていた男子からの告白でも、サーッと気持ちが冷める9パターン」をご紹介します。

  • 【1】自分に酔っているようで気持ちが悪い「君は俺のエンジェルなんだ」

    「ナルシストっぽくてキモくなった」(20代女性)というように、自分に酔っているかのようなセリフは、女子にドン引きされるようです。ドラマのセリフや歌詞にあるような言葉を使うよりも、自分の言葉で告白したほうがよいでしょう。

  • 【2】ストーカー気質を疑いたくなる「君をずっと、僕以外の目に触れない場所に閉じ込めておきたい」

    「怖い」(20代女性)など、自分の気持ちを強調しすぎた内容は、彼女を恐怖に陥れるようです。どれだけ好きでも自分の想いを押し付けないよう、一度、相手の気持ちになってみるのもよいかもしれません。

  • 【3】軽いノリにガッカリする「好き! とか言っちゃってみたりしてー」

    「『そんなに軽々しく言えることなの!?』と腹が立つ」(20代女性)と、冗談っぽく言われたことで不愉快になる女子もいます。おもしろおかしく言ったばかりに本気だと思われないということもあるので、恥ずかしくても真剣に伝えたほうがよさそうです。

  • 【4】重すぎてドン引きされる、泣きながら「お前と一緒になれないなら、生きていたくない…」

    「付き合う前から深刻すぎて恐ろしい」(20代女性)など、人生を賭けるような告白に、後ずさりしてしまう女子もいます。同じ内容でも、適齢期の女性に「結婚を前提に…」などと誠意を伝える言葉に変えれば、相手に与える印象も良いでしょう。

  • 【5】煮え切らない態度にストレスを感じさせる「君がいいなら俺はいいよ」

    「何の話かハッキリせずもどかしい」(20代女性)と、婉曲的な言い方に、「男らしくない」と冷める女子もいるようです。相手に判断を委ねるようなセリフは、優柔不断な印象を与えるので避けたほうがよさそうです。

  • 【6】ヒモ願望をぶつけられて唖然とする「俺、毎日料理作るからお前んとこ住まわせて」

    「最初から経済的に頼るような男は遠慮したい…」(30代女性)など、生活力のなさを感じさせるセリフに引く女子もいます。ただし、家賃をキチンと折半し家事も分担する約束での「一緒に住みたい」なら、喜んでOKしてくれる女性もいるかもしれません。

  • 【7】上から目線が鼻につく「彼女にしてやってもいいぞ」

    「ものすごく気になっていた人だとしても、自分の価値を下げてまで付き合いたくない」(20代女性)というように、エラそうな態度にムカッとくる女子もいるようです。せっかくのチャンスをちっぽけなプライドで逃さないよう、対等な立場で気持ちを伝えたほうがよさそうです。

  • 【8】束縛が強そうで怖くなる「今日から君の携帯はコレ。毎日電話するように」

    「目が点になったあと、ひぃぃぃぃっとなる」(20代女性)など、女子を所有物のように思っていそうな命令調の言葉に、女子は恐怖を感じるようです。「毎日会いたいくらい好きだけど、それがムリならせめて声が聞けると嬉しいな」などと言うほうが、成功する確率は高いかもしれません。

  • 【9】デリカシーがなさすぎてシラケる「俺のこと好きだったんだろ? 付き合えよ」

    「相手を想ってドキドキする気持ちが萎える」(20代女性)というように、俺様な態度に、心が一気に盛り下がる女子もいます。いくつになっても女子は甘い言葉に弱いもの。思いきりロマンチックなセリフで攻めたほうがよさそうです。

ほかにも「気があると想っていた女子に告白したのに振られたエピソード」があれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(橘しげる)
Photo:All images by iStock