マイペースな「一人っ子女子」の乙女心に刺さる男性の行動9パターン


兄弟のいない環境で育った一人っ子女子は、大なり小なり「自分の世界」を持っています。その独特な感覚は、恋愛に対してどんな影響を及ぼすのでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「マイペースな『一人っ子女子』の乙女心に刺さる男性の行動」をご紹介します。

  • 【1】「かまってちゃん」な一人っ子に寂しい思いをさせないようマメに連絡する

    「寂しがり屋が多い気がする」(20代女性)など、常に兄弟のいない寂しさを感じてきた一人っ子女子は、大人になると「かまってちゃん」になることが多いようです。マメに連絡を取り、会う回数を増やすと、すぐに親しくなれるでしょう。

  • 【2】夢見がちな一人っ子にはベタなくらいロマンチックな演出をする

    「兄弟が身近にいないから、男性には幻想がある」(20代女性)など、基本的に男性に不慣れなせいで、一人っ子女子は男性や恋愛というものに夢見がちであるようです。「花束を持ってデートに現れる」など普通の人は引くくらいの過剰演出でも、きっと喜んでくれるでしょう。

  • 【3】「お兄さん」に憧れがある一人っ子に優しくアドバイスをする

    「いつも年上の男性を『お兄さん』的に好きになっちゃう」(20代女性)など、兄という存在に憧れがある一人っ子女子には、兄的な感覚で接するといいようです。優しく諭すようにアドバイスしてあげると、もっと慕ってくれるでしょう。

  • 【4】自分の世界がある一人っ子の個性を尊重して趣味を共有する

    「好きなものにはとことんハマる」(20代女性)など、他を寄せ付けないほどの「マイワールド」を持つ一人っ子女子とは、その個性を尊重してあげることではじめてスムーズな交際ができるようです。まずは彼女の趣味に触れ、興味を持つところから始めましょう。

  • 【5】家族との距離感が近い一人っ子の母親に気に入られる

    「ママとは姉妹みたいに仲がいい。恋愛でもママの意見は結構重要」(20代女性)など、一人っ子女子を落とすなら、母親に気に入られることも大事なようです。それとなく彼女の母親の好みをリサーチして、家に遊びに行く機会に生かしましょう。

  • 【6】マイペースな一人っ子に合わせて多少のワガママは聞いてあげる

    「ワガママ言うつもりはないんだけど…」(20代女性)など、独特のこだわりやペースがある一人っ子女子と付き合うには、多少振り回される覚悟が必要かもしれません。本人に悪気はないので、子ども相手のように広い心で接しましょう。

  • 【7】男ゴコロに鈍感な一人っ子とは恋の駆け引きをしない

    「正直、男子が何考えてるのか全然わからない(苦笑)」(20代女性)など、男ゴコロに疎い一人っ子女子には、まわりくどい駆け引きは無意味かもしれません。好きなら好きとはっきり言い、男らしさを見せましょう。

  • 【8】甘えん坊な一人っ子には何かと手助けして頼りがいを見せる

    「すぐ誰かに助けてもらっちゃう(笑)」(20代女性)など、誰かに甘えたい一人っ子女子には、ダイレクトに手を差し伸べてアピールしたほうがよさそうです。「困ったときは言いな」などと声をかけてあげると、キュンとするのではないでしょうか。

  • 【9】無邪気なところのある一人っ子の遊びにとことん付き合う

    「子どもっぽいところがあると思う」(20代女性)など、のびのび育てられたおかげで少女らしさの残る一人っ子女子は、自分の遊びに付き合ってくれる男性を求めているようです。「幼い!」などとバッサリ斬り捨てず、温かく見守ってあげましょう。

ほかにも「一人っ子女子には男性のこんな行動が刺さる」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock