女の子が「やっぱり男性に側にいてほしい」と感じる瞬間9パターン


普段はツレナイ女の子であっても、男性を求めているときにアプローチすれば、リアクションは変わってくるかもしれません。女の子はどんなときに「男性に側にいてほしい」と感じるのでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者の意見をもとに、「女の子が『やっぱり男性に側にいてほしい』と感じる瞬間」をご紹介します。

  • 【1】外出先で幸せそうなカップルを見たとき

    「何で私は一人なんだろ…とさみしくなる」(10代女性)というように、他人のリア充ぶりを見たときに、彼氏がほしくなるという女の子もいます。遊園地や観光地に女友達と出かけた話を聞いたときなどは、もしかするとアプローチのチャンスかもしれません。

  • 【2】タイヤ交換などの力仕事のとき

    「女ひとりで生きていると、いろんな不便がある…」(20代女性)というように、男手を必要とする場面に遭遇したとき、一人の辛さを痛感する女の子も。普段から重い物を運ぶ、高いところにあるものを取るなど、女の子が苦手なことを積極的に手伝えば、困ったときに頼られる存在になれそうです。

  • 【3】夜中に一人で怖い夢を見たとき

    「隣に誰かいれば、すぐに安心できるんだけど」(20代女性)というように、悪夢を見たときに、恋人が側にいてほしいと感じるという女の子もいます。冗談っぽく「怖い夢を見たら電話してよ」と言っておくと、いざというとき頼られるかもしれません。

  • 【4】仕事が辛くて辛くて仕方がないとき

    「愚痴を言ったり、甘えたりする相手がほしい」(20代女性)というように、仕事で精神的に参っているときなどに、男性に助けを求めたくなるという女の子もいます。女の子が辛そうな顔をしているとき、「愚痴聞こうか?」などとやさしく声をかけると、心を開いてもらえそうです。

  • 【5】特に用事がなく毎日仕事場から直帰しているとき

    「デートの約束でもあればねぇ…」(30代女性)というように、会社と家の往復だけの生活をつまらなく感じていることもあります。女の子が、仕事が終わった後に特に用事がないことを見聞きしたら、食事などに誘うと喜ばれるかもしれません。

  • 【6】クリスマスやバレンタインなどのイベントが迫ってきたとき

    「今年は一人かぁ…と思うとせつない」(20代女性)というように、カップルならではのイベントに参加できないときに、寂しさを感じる女の子も多いようです。意中の女の子に一緒に過ごす相手がいないようであれば、せっかくのチャンスなのでダメ元でも誘ってみましょう。

  • 【7】台風や地震などの天変地異があったとき

    「怖がっているときに、『大丈夫だよ』と声をかけてくれる人がいれば…」(20代女性)というように、天災時に守ってくれる存在がほしいと切望している女の子もいます。災害があったときは、女の子の身の安全を確認するメールを一本送り、気にかけていることをアピールしてはいかがでしょうか。

  • 【8】親が倒れるなど、自分の家族になにか問題が起こって心細いとき

    「心のよりどころになってくれる存在がほしい」(20代女性)というように、身内のことで心配ごとがあるとき、心を癒してくれる恋人に側にいてほしいようです。家族のことでひどく落ち込む様子を見聞きしたら、女の子の気持ちを少しでも楽にするために、「力になるよ」と一声かけると喜ばれるでしょう。

  • 【9】家の中にゴキブリが出たとき

    「気持ち悪すぎて、一人じゃ退治できない」(20代女性)というように、害虫などが現れたとき、男性の助けがほしくなるという女の子もいます。ゴキブリと格闘した話などを聞いたら、「やっつけに行くから呼んで」と伝えれば、本当に頼りにしてくれるかもしれません。

「女の子が『やっぱり男性に側にいてほしい』と感じる瞬間」には、ほかにどんなものが考えられますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock