ケンカ中、勢いあまって言うと取り返しのつかない本音9パターン


恋人同士でもケンカのときには激しい言葉が飛び交うこともあるでしょう。ただ、勢いで言った一言が、二人の関係に深い傷を与えることもあります。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートをもとに「ケンカ中、勢いあまって言うと取り返しのつかない本音9パターン」を紹介します。

  • 【1】愛されていないことがショックな「もう別れたほうがいいかも」

    「別れるつもりがないときに言われると悲しい」(20代女性)など、ケンカ中でも別れを持ち出すと、女性を傷つけてしまうようです。この発言をきっかけに本当に別れにつながることも多いので、その気がなければ決して言わないようにしましょう。

  • 【2】ケンカの原因よりもっと腹が立つ「オレ、浮気したことあるよ」

    「何を開き直ってんの?」(20代女性)など、浮気の告白は女性の怒りを増すだけのようです。ケンカの原因が女性の浮気でも、「彼の浮気は別問題」と考える女性も多く、ヤブヘビになりがちなので、「俺が浮気したら嫌だろ?」程度にしてはどうでしょうか。

  • 【3】「結局別れたいだけ?」とむなしくなってしまう「他に好きな人がいる」

    「最初から『別れよう』と言えばいいのに」(10代女性)など、無駄に傷つけられただけと感じる女性が多いようです。本当に他に好きな人がいて別れを考えている場合でも、ケンカの勢いではなく、別の機会に話をしたほうがいいかもしれません。

  • 【4】こっちの話を理解しようともしない「お前は俺の言うことを聞いておけばいい」

    「これからも私の話は聞かないのかなと思う」(30代女性)と、自分勝手さに愛情が冷める女性は多いようです。「女性こそ自分の話を聞かない」と思うことも多いでしょうが、相手の発言は拒否せず、「俺の話も少しは聞いて」と下手に出てはどうでしょうか。

  • 【5】「なら別れようか?」と思ってしまう「付き合うんじゃなかった」

    「いい思い出も台無しになる」(10代女性)と、付き合ってきた二人の歩みを否定されたと感じてしまう女性もいるようです。怒りにまかせて言いがちの言葉ではありますが、交際そのものを後悔するかのような発言は慎みましょう。

  • 【6】気持ちはわかるけど直接言われたくない「いつか別れる彼女より友達のほうが大事」

    「別れてお友達と付き合えば!」(20代女性)のように、自分を友達より優先されていないと感じると、女性は悲しくなるようです。「どっちが大切?」と迫られたら、「君だよ」と答えてその場を収めるのが、大人の対応と言えるかもしれません。

  • 【7】誰より比較されたくない相手を持ち出す「元カノならそんなに怒らない」

    「元カノは怒る以前にあなたに呆れて別れただけでしょ!」(30代女性)など、多くの女性は元カノと比較されると意地になるため、収拾がつかなくなるようです。「ヨリ戻せば?」と言われることもあるので、熱くなっても元カノを持ち出すことだけは避けましょう。

  • 【8】衝撃のカミングアウトに呆然の「ママみたいに優しい子だと思っていたのに」

    「怒りも忘れて言葉を失う」(20代女性)と、マザコンの告白には多くの女性がショックを通り越して呆れるほかないようです。内心母親のような女性と付き合いたいと思っていても、その思いがケンカ中に飛び出さないよう、心の奥深くにしまっておきましょう。

  • 【9】自分をお金に換算されたようで腹立つ「お前にいくらかけたと思ってるんだ」

    「私をお金で釣っていたの?」(30代女性)など、金銭を持ち出されるのは女性にとって受け入れがたいようです。かなり「投資」した彼女だとつい言いたくなるものですが、せめて「自分の趣味も我慢して遊んだ」など、お金を匂わせない言い方にしてはいかがでしょうか。

ほかに、取り返しのつかなくなったケンカ中の女性への発言にはどんなものがありますか? ご意見お待ちしています。(鼠入昌史/Office Ti+)
Photo:All images by iStock